新・かっしーのお金のはなし イソップ物語

 

資産運用というと、「​富裕層だけがやるもの​」​と思ったり、​「​もう少し先の話​」​と考えがちですが、本来は「​​自分​のライフ・プランニング」に沿って​、​自分または自分の家族にとって必要な準備をする​」​という​もので、まさにこれが「資産運用の根幹」となります。そこで、具体的に資産運用とは何なのかについて、かっしーさんから学んでみましょう。
柏村信光:2008年​来​馬、マラヤ大学​大学​院卒業。ファイナンシャルアドバイザー。イギリスCISI認定。イギリスCII認定。マレーシア・ラブアン金融庁公認


イソップ寓話「ガチョウと黄金の卵」からお話した前回のポイントは、「ガチョウは急には育たない」という点でした。ガチョウが大きく育って黄金の卵を産めるようになるまでには、成長のための時間が大前提だったということです。急に多くの餌をやったとしても、急には成長しませんよね? 時間をかけつつ無理なく育てることの重要性は、資産形成にも当てはまると思います。
今回のポイントは、「〝価値の生み手”が二人になる」ということです。物語に照らし合わせると、農夫は農夫としての仕事をしっかりこなして収入を得つつ、黄金の卵を産むガチョウも大事に管理するということです。
自身の経済活動で収入を得ている時、通常は一つのルートからお金(例えば勤め先からの給料)が入ってきます。一方で、働きながら、別の形でお金にも成長してもらう(働いてもらう)ことにより、育ったお金自身がお金を生めるようになっていきます。そうすると、収入ルートが複数になるため、育てたお金が経済的なセーフティネットとしてとらえることもできるのです。
主収入を中心に自己資産を形成していくなかで、時間をかけて育てたお金(第二の価値の生み手)が、自分の生活を違う角度から支えてくれるという考え方は非常に大切です。生きていくなかで、大なり小なり、様々なことが起こり得るわけですが、経済的な意味合いでも精神的な意味合いでもこの考え方は重要ですし、収入ルート/お金を生む手段を複数もっておくという、資産と行動の分散は必要不可欠なのではないかと思います。
また、仕事をしていくうえで、「自身の収入を上げたい」など、目標をもってがんばって日々働いているかと思います。それはお金にもできることです。向こう5年、10年と、同じ時間を使うのであれば、第二の価値の生み手を育てるためにも限られた時間のなかで、「お金を成長させる」という目標をもって、時間を賢く使っていくことが大切なのではないでしょうか。
クライアントさんのなかには「もっと早く考えればよかった」とおっしゃる方々もいます。後々になって必要性を認識して、限られた時間で取り組もうとすると、選択肢も少なくなりますし、無理もでてきます。時間がある今だからこそ、無理のない、より適切なプランニングができると思っています。

 


資産運用のご相談ならInfinity Financial Solutions
2000人以上をサポートしてきた資産運用コンサルタント会社です。

Tel:  03-2164 6585
Mobile: 016-3413 281
nobumitsu.k@infinitysolutions.com
8th Floor, South Block, Wisma Selangor Dredging, 142A Jalan Ampang, 50450 KL

2018/09/28 | カテゴリー:かっしーのお金のはなし

このページの先頭へ