新・かっしーのお金のはなし 資産運用を始めるタイミングは?

 

資産運用というと、「​富裕層だけがやるもの​」​と思ったり、​「​もう少し先の話​」​と考えがちですが、本来は「​​自分​のライフ・プランニング」に沿って​、​自分または自分の家族にとって必要な準備をする​」​という​もので、まさにこれが「資産運用の根幹」となります。そこで、具体的に資産運用とは何なのかについて、かっしーさんから学んでみましょう。
柏村信光:2008年​来​馬、マラヤ大学​大学​院卒業。ファイナンシャルアドバイザー。イギリスCISI認定。イギリスCII認定。マレーシア・ラブアン金融庁公認


前回は「ガチョウと黄金の卵」というイソップ寓話に触れ、資産形成における時間の大切さについてお話ししました。今回もそれをベースに話を進めていきたいと思います。
物語の内容を改めて紹介します。ある農夫が自分が飼っているガチョウが黄金の卵を産んでいるのを見つけます。そのガチョウは一日に必ず一つ、黄金の卵を産むようになり農夫は喜んでいましたが次第にもの足りなくなり、ガチョウの体の中に大きな金塊があると考え、その体を切り裂きます。しかし中に金塊などなく、黄金の卵を産むガチョウは結局死んでしまいました。
この話について前回の教訓は「ガチョウは大きく成長した後で初めて黄金の卵を産むことができる」、「いくらひな鳥に餌を大量にあげたとしても急に大きなガチョウに成長することはない」ということでした。資産形成に置き換えると「限られた時間で急いで将来の準備をするのではなく、時間をかけて資産を徐々に成長させていくことが大切である」とお話ししました。
今回お伝えしたいのは、時間をかけて農夫がガチョウを飼育した場合の「慣れ」と「経験」についてです。
寓話中、ガチョウを殺してしまうという愚かな行為をしてしまった農夫ですが、それまではガチョウの飼育を時間をかけて行っていました。飼育している間にガチョウは少しずつ成長し、農夫も飼育に慣れていったことでしょう。つまり「飼育に関する経験が蓄積され、両者が一緒に成長していく関係が成り立っている」わけです。これは資産運用において非常に大事なポイントだといえます。
言い換えるなら「少しずつ時間をかけながら資産形成をしていくことで、自分自身の金融リテラシーが高まっていく」。長い間何もしてこなかった人が急に必要に迫られて何かをしようとしても、なかなか正しい判断はできないのではないでしょうか。少しずつ、資産の種類や通貨の分散、リスク・リターンの考え方など、資産に関する見識を深め、それを広げていくことで、将来的に、もっている資産(ガチョウ)をより正しく管理できるようになるのだと思います。
資産形成・運用において時間を有効に使うことは大切な要素です。始めるのが〝今"に近いタイミングであればあるほど、より理想的なライフプランニングにつながっていくのだと思います。

 


資産運用のご相談ならInfinity Financial Solutions
2000人以上をサポートしてきた資産運用コンサルタント会社です。

Tel:  03-2164 6585
Mobile: 016-3413 281
nobumitsu.k@infinitysolutions.com
8th Floor, South Block, Wisma Selangor Dredging, 142A Jalan Ampang, 50450 KL

2018/05/31 | カテゴリー:かっしーのお金のはなし

このページの先頭へ