新・かっしーのお金のはなし 皆さんのガチョウは育っていますか?

 

資産運用というと、「​富裕層だけがやるもの​」​と思ったり、​「​もう少し先の話​」​と考えがちですが、本来は「​​自分​のライフ・プランニング」に沿って​、​自分または自分の家族にとって必要な準備をする​」​という​もので、まさにこれが「資産運用の根幹」となります。そこで、具体的に資産運用とは何なのかについて、かっしーさんから学んでみましょう。
柏村信光:2008年​来​馬、マラヤ大学​大学​院卒業。ファイナンシャルアドバイザー。イギリスCISI認定。イギリスCII認定。マレーシア・ラブアン金融庁公認


皆さんこんにちは。何度かコラムを本誌にて書いておりますが、内容が難しいと言われることもあるので、今回は資産運用の本質に立ち返ってみようと思います。
ガチョウと黄金の卵というイソップ寓話を皆さんはご存知でしょうか? 大枠のストーリーはこうです。ある農夫が、自分が飼っているガチョウが黄金の卵を産んでいるのを見つけます。その後、一日に必ず一つ、そのガチョウは黄金の卵を産むようになりました。最初は農夫は喜んでいましたが、一日に一つでは物足りなくなり、ガチョウの体の中に大きな金塊があるのではと思い、その体を切り裂きましたが、金塊などなく、黄金の卵を産むガチョウも結局は殺してしまいました。
この話から学ぶ教訓は様々存在しているんでしょうが、私が思うことは、「ガチョウは急には育たない」ということです。お話しの中で、金の卵を産んでくれていたガチョウは、大きく育った、大人のガチョウです。黄金の卵を産めるようになるまでに、成長のための時間が必要でしたし、餌やりなど農夫のケアも必要だったでしょう。
いくら急に沢山の餌をひな鳥に与えても、急に大人のガチョウにはなりません。時間が必要不可欠な要素になりますね。時間をかけていって、少しずつ大きくなっていって、卵を産める大人のガチョウになるわけです。
これは、資産運用にも言えることだと思います。ガチョウが金の卵を産んでいるあり様は、資産運用においては、「お金がお金を生む」状態と言えます。これは、一定の大きさの資産があるのが前提となります。資産を相続したり、何らかの幸運で大きな額のお金を手に入れる人もいると思います。そのようなお金をガチョウとして管理していき、継続的に一定のお金を生むようにすることはできますが、必ずしも全員に当てはまるわけではないですよね。一般的に誰でもできることは、一定の額を積み立て運用していくことではないでしょうか。

皆さんのガチョウは育っていますか?

ひな鳥に、大きくなるための時間という要素を与えていくと、それが複利効果により、時間をより長くかければかけるほど、大きなガチョウに成長していきます。しっかりと継続することが出来れば、誰であってもお金がお金を生める状態に近づいていけると思います。
餌を与えなければガチョウは育ちませんし、育つためには時間が必要なのも避けられない事実です。将来、急に大きなガチョウが必要となって焦るよりも、より長い時間を利用できる今のうちに、餌を与え始めてはいかがでしょうか?

 

今月のまとめ

今回の内容に出てくるようなガチョウは誰にでも急に与えられるものではありません。時間をかけてゆっくり育てることなら、誰でもできるのではないでしょうか? 問うべきは、今そのガチョウが少しずつでもいいので大きくなっているか、だと思います。

 

 


資産運用のご相談ならInfinity Financial Solutions
2000人以上をサポートしてきた資産運用コンサルタント会社です。

Tel:  03-2164 6585
Mobile: 016-3413 281
nobumitsu.k@infinitysolutions.com
8th Floor, South Block, Wisma Selangor Dredging, 142A Jalan Ampang, 50450 KL

2018/03/22 | カテゴリー:かっしーのお金のはなし

このページの先頭へ