ぶどう酒百味旅 ~最初のひとくち 想いの滴~ 第1回

【紫音のおすすめワイン】
大沢ワイン プレステージコレクション
品種:シャルドネ
産地:ニュージーランドホークスベイ地区

 

 ニュージーランドの北島にホークスベイという場所があります。美しい海、輝く太陽、そして今では銘醸地とまで呼ばれるようになったワインの産地。私がそこにある36全てのワイナリーを、寝袋を積んだバイクで巡ったのも、もう20年前のこと。その当時、まだこの大沢ワインはありませんでした。時を経て、ここマレーシアでこんな素敵な、そして愛すべきホークスベイワインに出会えました。懐かしさと感動が私を包み込みました。
 まずはその香りに驚きます。優しくも自己主張のハッキリした香り。花屋さんに足を踏み入れた時の甘い香り、果物売り場の横を通り過ぎた時のシトラスの香り。可愛くてピュア。香りだけでも魅了されてしまいます。少し口に含み息を吸います。軽快な酸味、小さなタップダンス。リズミカルな酸味が食欲を誘う。その酸味はふくよかさを増し、口いっぱいに広がる。優しく喉の奥へ。いつまでも残る余韻。日本人大沢さんが造るワイン。繊細でキュート。おすすめです。
 
 

【ワインに合わせて】

 この軽快でまろやかなワインを楽しむには、「アサリのワイン蒸し アンチョビバター風味」が最適。アサリ250g、白ワイン大1、オリーブ油大1、アンチョビバター20g(アンチョビ2缶分の身のみと無塩バター250gを混ぜ合わせる/缶に残った油で野菜を炒めれば、これまた最高のつまみです)、セミドライトマト30g(ミニトマトを半分に切って低温のオーブンに入れて、しわしわの状態までほったらかしたもの)を小鍋に入れ蓋をして火にかけます。アサリに火が通ったら、セミドライトマトと一緒に盛り付けます。煮汁はさらに煮詰め、ちょっと濃いかな!って感じの味にして、アサリの上からかけます。仕上げにエキストラバージンオリーブオイル大1、黒コショウ、バジル各適量をのせて完成。煮汁をしっかり煮詰めて味の輪郭を出すことがポイント。私が考えた一番新しい料理です。

 


B-1-16, Block B, Jalan PJU 1A/20A, Dataran Ara Damansara, 47301 PJ
Tel:  03-7840 0632

2018/05/31 | カテゴリー:ぶどう酒百味旅

このページの先頭へ