2017年9月-上海「巨鹿路物語」

上海「巨鹿路物語」 

 

小路にはみ出すように果物や雑貨を並べる店。鳥かごの小鳥がさえずる。ガジュマル並木の小路を折れると、その建物はひっそりとたたずんでいた。「巨鹿路845弄1号」。上海旧フランス租界にある木造洋館だ。門柱には「上海国際問題研究所」と大書した木製看板。中国屈指のシンクタンクの一つである。
研究所は現在「研究院」に格上げされ、2009年に上海文教地区にある近代的なビルに移った。巨鹿路の建物は上海市政府参事室として使われている。研究院は1960年、周恩来首相の指示で市政府の高級研究機関、シンクタンクとしてここに設立された。グローバル・ガバナンス研究所、外交政策研究所など6研究所に、100名を超す研究者を擁する。
「巨鹿路」とは一風変わった名前だが、巨大なシカが住んでいたわけではない。中国語の原名は「巨籁達路」(仏語Rue Ratard)。1908~10年まで、ここでフランス総領事をした人物の名に因んだ。その後43年に改名され、「巨鹿路」になったのは66年である。東西2キロに伸びる通りには、上海作家協会の洋館をはじめ1930年代に建てられた欧風木造建築が立ち並ぶ。洋館は今、レストランや会員制クラブとして使われ、ロンドンのSOHO地区のような街並みを目指しているという。
研究所の入り口ドアを開けると、広い芝生の庭に面した30畳ほどの大きさの会議室。資産家の豪邸の応接室のようだ。聞けば、2004年に病死した栄毅仁・元国家副主席の革命前の館でもあった。
栄一族はもともと、上海で銀行や繊維会社などを経営する資本家。彼は革命後に資産をすべて国家に寄付し、この豪邸もその一つだった。彼が外国資本と技術を導入するため創設した中国国際信託公司(CITIC)は、総合金融投資企業になり、米経済誌は栄氏を「中国一の富豪」と評した。
66年に文化大革命が始まり、林彪副主席が毛沢東主席の後継者に指名されると、林彪の長男、林立果氏がわずか24歳で空軍を掌握し、上海の拠点をこの館に移した。今も近くには空軍南京軍区の広大な施設が残る。
かつて研究所に勤めた朱建栄・東洋学園大教授は「二階の所長室はもともと栄氏の寝室。後に林立果の寝室となり、『選美』(お妃選び)もここで行われたと聞いています」。71年9月「反毛クーデター」が発覚したため、林氏は両親とともにソ連亡命を図り、モンゴルで墜死した。「クーデター」の謀議もここで練られたという。
租界時代、栄家や外国人富豪が毎夜のように開いた華やかなガーデンパーティー。文革時代の権力闘争と陰謀。海外の研究者や政治家、ジャーナリストを迎え交流した研究所時代。
館は巨鹿路の小路から、中国近・現代の転変をウォッチしてきた「証人」である。(了)

オットット爺や

2017/09/07 | カテゴリー:オットット爺やのつぶやき

このページの先頭へ