2010年6月-「コタキナコのボルネオ探検」③

 サバ州の伝統的な民族楽器には、竹を使用したものがたくさんあります。そのなかでもユニークなのが「ソンポトン」、瓢箪と竹をつなぎ合わせた、邦楽の “ 笙” のような楽器です。瓢箪と竹は、蜜蝋を使って繋ぎ合わせてあり、優しく郷愁を誘う音色を奏でます。サバ州の民族音楽はもちろんのこと、上手な人は、ジャズやポップス、ブルースやアニメソングまで奏でてしまいます。

 竹を使った楽器は、他に横笛や竹琴、弦楽器や打楽器もあり、最近では何と!全て竹で作られたギターやベース、そしてサックスまであります。そしてサバ州には、竹楽器の全てが集合した、「バンブー・オーケストラ」のグループが幾つもあります。ソンポトンの音色は、キナコのブログ・サイドバーから聞くことができますよ!ぜひ、クリックして聴いてみてくださいね♪

http://kotakinako.wordpress.com/

コタキナコ

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る