2013年10月-「コタキナコのボルネオ探検」42

森の宝石箱のようなシラム山トレッキング

kotakinako ラハ・ダトゥは、コタキナバルから飛行機で1時間あまり。ダヌン・バレー自然保護区やタビン野生生物保護区などへ行く玄関口となっています。ラハ・ダトゥ空港から10kmの場所にあるシラム山884mはサバ州森林局により管理されており、手付かずの自然が息づいています。2012年に一般の人も入れるようになったこの山には、海抜620mの所に「天国の塔」と呼ばれる30mの高さの展望塔や展望台があり、トレッキングを楽しむこともできます。

 この山にしか生息していないカニを見付けました! 普通カニは海や川にいますよね?この鮮やかな色合いのカニは、その名もシラムガニ。固有種です。3~4cmほどの小さなカニで、腐葉土や苔生した崖の隙間に棲んでいます。何といっても“調理済み”の様なオレンジレッドが大変美しく可愛らしいカニなのですが、一丁前にカチカチと音を出して威嚇します。他にも、ウツボカズラや小さな小さな野生の蘭、摩訶不思議な形の昆虫やキノコ、そしてたくさんの鳥達など、6時間程のトレッキングでは森の宝石箱を開けたような嬉しい驚きがたくさんありました。

コタキナコ

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る