2014年12月-「コタキナコのボルネオ探検」56

ゴマントン洞窟kotakinako

 コタキナバル空港からサンダカン空港まで約40分、そこから約1時間半のドライブで、ゴマントン洞窟に到着します。

 13世紀、燕の巣を求めて中国からやってきた交易人が、この高さ100m近くある洞窟の天井近くに燕の巣を発見し、以来何世紀にも渡り燕の巣の採集が行われています。簡素なはしごとロープで登って採集する作業は、過酷で危険なものです。採集期間や採集者は厳重にコントロールされていますが、洞窟内には歩道が整備されており、見学することができます。が! 洞窟内は、燕やコウモリの糞が山になっている場所や、それを餌にする無数のゴキブリやゲジゲジ、そして目がシパシパするほどの激臭!

 しかし、ひんやりとした洞窟内に一歩足を踏み入れると、その神秘的な光景に目を奪われます。ゴマントン洞窟の受付から5分ぐらいのトレイルで洞窟の入口へ。運が良ければ途中で、野生のオランウータンやコウモリを捕食する鷹、綺麗なカワセミに出会えることも。

ゴマントン洞窟(サバ観光局オフィシャルウェブサイト)
http://www.sabahtourism.net/jp/ brochure.php?id=101000027

コタキナコ

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る