2015年8月-「コタキナコのボルネオ探検」64

キナバル山のスピリッツ

Clipboarder.2015.07.31-006

 6月5日、午前7時15分頃、サバ州で初めてともいえる大きな地震がありました。震源地近くのキナバル山では、登頂後の頂上付近にまだ多くの人がおり、「ロバの耳」という名のピークの一つが崩れて落石が起こったことにより、登山者とガイド18名の犠牲者が出る惨事となりました。犠牲者の多くは、シンガポールから修学旅行で来ていた小学生でした。怪我人を背負って下ろしたり、道なき道を経験と知識を生かし、レスキュー隊を誘導し救助に向かった勇気ある山岳ガイド達。小学生を逃がそうとして犠牲になった山岳ガイドや登山者もいます。地元のドゥスン族にとってキナバル山は「先祖の霊が眠る」神聖な山。サバ州の人々はみんな、悲しみに暮れながらもドゥスン族の山岳ガイド達を誇りに思いました。

 現在、復旧作業が進められていますが、キナバル山登山再開にはまだ時間がかかりそうです。ですが、世界遺産であるキナバル公園及び、ポーリン温泉、また、コタキナバルの街周辺でのツアーやアクティビティーは通常通りです。もうすぐ果物の季節もはじまります。ボルネオ・サバ州の珍しい果物&シーフード、そして自然を堪能しにぜひいらしてくださいね!

コタキナコ

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る