2011年8月号-医療問題

歯科医院でブリッジのために4ヵ所に被せ物をしました。しかし、うち3ヵ所ははがれ始め、さらに治療した部分が腫れあがり、かなり痛みました。歯科医に相談し、再度治療を受けましたが、一向によくならないため、別の歯医者に行きました。するとその歯科医は、基本的な治療を施していないので症状が悪化していると判断。どうすればいいのでしょうか

まずは、このような状況で、最初に治療を担当した歯科医に何を求めるかを整理しなければなりませんが、ほとんどの場合、①謝罪、②釈明、③治療費の返還、④訴訟を求めることになると思われます。患者は不満に思っていること、つまり、何が問題でどこが間違っていたのか、さらに何を説明してもらいたいのかなどを書面にまとめ、その歯科医(または看護師、病院の経営者など)と話をする場を設けるよう要求します。

 しかし、満足した結果が得られない場合は、賠償金や慰謝料を求めることができます。「医療過失」として弁護士にできるだけ早い時期に相談することをおすすめします。「医療過失」の訴訟を起こしたら、「医療過失」であることを裁判所で認定してもらうことが必要なため、次の点を証明しなければなりません。

 1.被告である歯科医が治療義務を怠っていたこと。
 2.その歯科医が治療に必要な水準に達しておらず義務を怠った。
 3.その義務の不履行により起こり得そうもない損傷を負った。

 医師は、妥当な治療水準をもっているかどうかで判断されます。「医療過失」の場合、この水準が、医師の行為の一部に明確な過失があったことを正確に指摘できることになるのです。患者は苦痛による賠償を求めることができます。また、精神的な苦痛による慰謝料の請求もできるうえ、被告である医師が本来すべき治療をほかの医師が行った場合、その治療費などを請求することも可能です。

 「医療過失」において、「医療記録(カルテ)」は最も重要な証拠となることを忘れないでください。。

 

ラディ・スー(RaddySoo)


*皆さまからの法律相談を受け付けております。

具体的な相談内容をeditor@senyumpress.comまでお送りください。


このページの先頭へ