「サービスレジデンス」が「わが家」になる フレイザーレジデンスでの長期滞在生活

 

 

 

フレイザーレジデンスに長期滞在する石橋さんご一家に、フレイザーズに決めた理由や住み心地についてうかがいました。石橋さんが「海外生活初心者の方に一押し!」というフレイザーレジデンスの生活とはどんな感じなのでしょうか。

左からGMのタンさん、石橋博之さん、5歳になる茉莉江(まりえ)ちゃん、奥様の美紀子さん。 

 

―― 滞在を決めた経緯を教えてください
石橋さん 私が勤める会社の駐在事務所を立ち上げるために、2016年の9月下旬から、まずは単身でマレーシアに来て、妻とこどもは今年の1月下旬に来馬しました。妻は海外生活が初めてなのでコンドミニアムを借りて住むのは難しいだろうと思い、サービスアパートメントに決めました。フレイザーズ以外にもかなり見て回ったのですが、会社まで徒歩でも行ける立地であること、サービスのよさ、価格など総合的に判断してここに決めました。光熱費や掃除、消耗品なども込みなのでコストパフォーマンスはとてもいいと思います。

―― どういうサービスが他と違うと思われますか?
石橋さん 一番うれしいのは、要望を親身になって聞いてくれるところ。常に「何か問題はありませんか?」と気にかけてくれて、問題があれば時間をとってくれる。その際、ジェネラルマネージャーのタンさんも同席し、即決してくれることもあります。例えば、ルームクリーニングに来てくれるスタッフを毎回同じ人にして欲しいとお願いしたらすぐに実行してくれました。プライベートな空間に入ってくる方が顔なじみだとやはり安心できますからね。あと、朝ごはんはレストランのビュッフェを利用できるのですが、少し変化をつけて欲しいとお願いしたら、調理法を変えてくれたりと工夫してくれるようになりました。

―― どんな設備やサービスが気に入っていますか?
石橋さん 24時間使えるジムはとてもいいですね。
美紀子さん こどもは週2〜3回はプールとプレイグランドで遊んでいます。あと、体調が悪くて料理ができないときにルームサービスを利用したことがあり、とても助かりました。部屋にはキッチン、洗濯機など生活に必要なものはすべてそろっています。こだわりがあった炊飯器は自分で買いましたが、鍋やお皿などは必要に応じて用意してくれるので、日本と同じように料理できます。買い物は、KLCCとパビリオンまでのシャトルバスを利用したり、モノレールで一駅で行けるクイルシティモールにはイオンもあって便利です。

―― 「わが家」という感じなんでしょうか?
美紀子さん そうですね。シンプルなインテリアなので、自分の家のように落ち着けます。スタッフの方はうちのこどもを見かけるといつも声をかけてくれて、いい方ばかり。3ヵ月目頃から余裕も出てきて、海外での生活を楽しめるようになりました。
石橋さん マレーシアには3年くらい滞在する予定ですが、来年こどもが小学校に入学する際に通学の問題さえクリアできれば、ここに住み続けたいですね。

 

2017/08/04 | カテゴリー:セニョ~ムいちおし!

このページの先頭へ