李先生脱痣中心

昨年リニューアルした店内。

伝統漢方薬で脱シミ・ほくろ・イボ宣言
マスク着用を利用してすっぴん美人に!

李先生脱痣中心

10月4日よりSOPを遵守しながら営業を再開した「李先生脱痣中心」。ワクチン2回接種を完了してから2週間経過した方は、完全予約制で施術を受けることができるようになりました。まだまだおうちで過ごす時間が長く、外出するにしてもマスクは必須。そんな時期を活用して、悩めるお肌問題を解決しましょう。

秘伝の漢方薬を使用して 痛み、傷跡残さず根絶

シミ・ほくろ・イボ…。いつの間にやらできてしまったものって、一度目にしたら、ず~っと気になりますよね。そこでおすすめしたいのが李先生脱痣中心。まずは気になる箇所を診断してもらいましょう。施術法はとっても簡単。80年の信頼と実績を誇る中国伝統漢方(李家に代々伝わる秘薬)を患部に刷り込み浸透させるだけ。施術時間はわずか20分ほど、費用は小さなものだと10リンギ~。もちろんシミやほくろの質や大きさによって値段は変わりますが、ほとんどの場合たった1度の施術で完了、通院無用ですから、外出を控えている今のご時世にもぴったり。

きなほくろだと少しヒリヒリしますが、痛みや出血することはありません。根本から取り除くので同じ箇所に同じものは二度と現れることもありません。
施術前の診断(ここで除去できるものか否かのほか、運気が気になる方は除去すべきか否かの相談)の費用は20リンギですが、当日施術なら無料です。施術前に費用は明確に提示されるので、ゆっくり考えてから出直すこともできます。しかも施術後は6ヵ月の保証付きです。

施術後のお手入れ

施術後は、患部を避ければ化粧もでき、通常生活を送ることができます。特別なお手入れは不要です。かさぶたのような黒い跡は、小さいものだと7日間、大きいものだと20日ぐらいで自然に剥がれ、新しい皮膚ができます。新しい皮膚に覆われた施術箇所が周囲の肌の色に馴染むまでには個人差があり、多少の時間はかかりますが、傷跡残さずキレイにシミ・ほくろ・イボは除去されます。

レーザー施術との違い

レーザー施術の場合、その多くは皮膚の表面に沈着したシミを除去することはできますが、根絶することは難しく、数年後には同じシミが再び現れてしまいます。近年、レーザー施術の価格は非常にリーズナブルではありますが、将来、同じシミで同じ悩みを繰り返すぐらいなら、李先生脱痣中心でしっかりと根本から除去する方が、費用も時間もかからないといえるでしょう。「コロナ禍、在宅勤務が増えたことで男女問わず多くの日本人が来院しています」とジャネットさん。この機会に肌のコンプレックスを解消しませんか?

李先生脱痣中心

63, Room2.12, 2nd Floor, Jalan Sultan, KL
03-2031 8868/012-833 0638(要予約、受付時間は11am-5pm。WhatsApp可。)
10:30am-6pm10:30am-5pm(日祝日)木曜定休
WEBSITE: www.mole.com.my
Facebook: l
eesinsang1941

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る