浜笑

「1年間のご愛顧ありがとうございます!」一周年を迎えた「浜笑」から目が離せない!

デサスリに2014年7月にオープンした炉辺焼き居酒屋「浜笑」。東京・浜松町にある本店のコンセプトを見事にマレーシアでも再現しており、キッチンにもホールにも日本人がいるので、日本の感覚そのままに日本の居酒屋そのものを楽しめる! と話題になりましたが、早いもので、もう1周年!

「この1年サポートしてくださったお客様への感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!」と話すのは浜笑店長の岡本さん。現在、日本人スタッフは総勢7人。こんなに大勢の日本人がいる日本食レストランは、マレーシアではおそらく浜笑だけ。日本の居酒屋の味と雰囲気そのまんまで、もちろん日本語でオーダーできるので、日本人客からは「ホッとする」「安心できる」と大好評。そして、マレーシア人の間でも「日本で行った居酒屋がそのままココにある!」「日本の居酒屋文化が体験できる」と異文化交流の場としても人気。

1周年プロモ中のヒメアワビ(RM35)

1周年プロモ中のヒメアワビ(RM35)

キーパーソンはこちら!

ではここで、この1年間、お店を支えてきた浜笑の料理長をご紹介しましょう。料理長の飯野可織さんは、海外協力青年隊出身。日本で調理師を10年間経験したのち、太平洋上の島国、キリバスで調理の先生をしていたそう。限られた食材で日本食を作ったり、外国人に喜んでもらえるようにアレンジした日本食を作るといった経験を活かしたいと浜笑の料理長として来馬。「マレーシア人にはなじみがない種類の魚をしゃぶしゃぶ仕立てにしてみたり、盛り付けを華やかにしたりと、マレーシア人のお客様にも日本料理の楽しみ方やおいしさを理解していただこうと試行錯誤の連続で、この1年間は大変でした」と語りつつも、笑顔を絶やさない!

鮮度抜群のタイの刺身(時価、RM45~)

鮮度抜群のタイの刺身(時価、RM45~)

魚貝がさらに新鮮に!

常連客が多い浜笑では、常に新メニューを投入しているほか、1周年を前に魚貝を輸入する新ルートを開拓。熟練の目利きが築地で厳選した魚を週3回仕入れており、温度調整も工夫してこれまでよりグッと鮮度を保てるようになったそうですよ。例えば、傷みやすいアジといった青魚も刺身やタタキで楽しめるのはうれしいですね。注目は、タイの刺身とヒメアワビ。特に、1周年を記念してプロモーション価格でいただける高級食材のヒメアワビは、木曜のみ入荷する限定品。刺身用を炉辺焼きにするなんて、本当

3種の日本酒が楽しめる唎き酒セット (RM25。小鉢付き)

3種の日本酒が楽しめる唎き酒セット
(RM25。小鉢付き)

に贅沢! あっという間に完売するそうなので、木曜の夜は浜笑で晩酌といきましょう!ほかにも、日本酒に興味があるマレーシア人客のためにスタートした唎き酒セットも大好評。3種の日本酒に小鉢がついて25リンギとお得なので、日本文化をマレーシア人に紹介するにはうってつけ。毎回行くたびに新しいことがいっぱい! 一周年を迎えてパワーアップした浜笑から、ますます目が離せなくなりそうですね!

 

 

hamashoAdress:42,Jalan27/70A,DesaSriHartamas,50480KL
Tel/Fax:03-62061127
営業時間:火~水:6pm-midnight、木~土:6pm-2am、日:6pm-11pm 月曜定休
FB:hamasho.my Web:http://kensuke2.wix.com/hamasho-seafood-bbq

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る