KL-WING

 

マレーシア・キャリア情報のポータルサイト
コンテンツ充実でさらなるコミュニケーション

「マレーシアで働くために役立つ情報を幅広く提供していきたい」――。そう話すのは日系人材紹介会社「ジョブサーチアジア」が立ち上げた、マレーシアで日本人求職者をサポートするウェブサイト「KL-WING」の徃西さん。この春からコンテンツを増やしました。サイトを訪れる人とのコミュニケーションをさらに深めていきたいといいます。 

働いている人や採用担当者の声を
インタビュー記事で紹介

KL-WINGサイト開設から今年で3年目。この間、新たにマレーシアで働いてみたいという日本人求職者の数は安定して増えているのに加え、既にマレーシアで働いている人が国内転職する動きも活発になってきているといいます。
「そこで求められるのは基本的な求人情報を増やすのはもちろん、KL-WINGを通じて仕事に就いた人の様子や採用担当者さまの思いなどを深掘りして伝えていくこと。スタッフが直接現場を訪問して“生”の声を聞き内容をまとめ、月に5本ほどインタビュー記事にしてアップしています」
さっそくリニューアルしたホームページを見てみると、KL-WINGを通じて就職・転職した人たちに聞いた「マレーシアで頑張る日本人」というコーナーには7月現在、15本の記事が上げられています。それぞれインタビュー写真とともにマレーシアに来て働くことになった経緯や目的、仕事内容や実際に働いて感じたことなどがQ&A形式でまとめられており、これから就職・転職しようと考えている人たちが知りたいポイントがイメージしやすくなっています。また「採用担当者の声」はよくある求める人物像などではなく、担当者の経歴や人生観にスポットを当てているのが特徴で、多くの求人サイトではなかなか知ることができないエピソードが載せられています。

スタッフブログで生活情報も。
「ゆるいつながりを大事に」
さらに新たに開始した「スタッフブログ」は徃西さんはじめ社員がもち回りで担当。マレーシアの求職・就職動向だけでなく、生活情報やフード、レジャースポットなどを紹介しています。
「現在、KL-WING登録者の在住地内訳は日本50%、マレーシア40%、その他海外10%。スタッフブログではマレーシアに住んでいる人もそうでない人も興味をもってもらえるようなコンテンツづくりを心がけています。マレーシアに縁がある人たちと“ゆるいつながり”を大事にしつつ、キャリア情報を軸にさまざまな人が楽しく見られるポータルサイトにできればうれしいです」
ちなみに、KL-WINGの登録は無料。名前とメールアドレスを入力するだけで所要時間は約30秒。気になった求人の「仮応募」ボタンをクリックすると、コンサルタントが連絡してくれる流れ。必要に応じてインターンや英語学校の紹介やスキルアップサービスも受けられます。新しい仕事を探したいけれどなかなか一歩が踏み出せない、すぐに働くとは限らないがいろいろな情報を得ておきたいという人は、ぜひとものぞいてみてはいかがでしょうか。

 


 

Job Search Asia Sdn.Bhd.
Level 32 (R4), Menara Allianz Sentral, 203 Jalan Tun Sambanthan, Kuala Lumpur Sentral, 50470 KL
Tel:017-872 7068(徃西/オウニシ) http://recruit.jobsearch-asia.com
jasml@jobsearch-asia.com  recruit.job.search.asia

 

2017/09/07 | カテゴリー:セニョ~ムいちおし!

このページの先頭へ