FUJIFILM

6月下旬、中判ミラーレスカメラ「GFX100」発売。

富士フイルムは5月23日、1億200万画素のラージフォーマットセンサーを搭載した中判ミラーレスカメラ「GFX100」を発表しました。フルサイズセンサー(35mm判)の約1.7倍のラージセンサーを採用したGFXシリーズのフラッグシップモデル。AF速度が最大約2倍高速化されたほか、ポートレート撮影に便利な「顔・瞳検出AF」の精度も向上。ボディにはマグネシウム合金を使用し、小型軽量化(1,400g)と高剛性を同時に実現。カメラ・写真好きの方は要チェックです。
 



www.fujifilm-x.com/gfx/

2019/07/01 | カテゴリー:セニョ~ムインフォメーション

このページの先頭へ