2018年2月- Pelik nya(不思議だなあ)

Pelik nya(不思議だなあ)

1月から息子の幼稚園が始まりました。先月号でもう1年幼稚園に通うのに、なぜか卒業する格好(角帽とガウン)をさせられていると書きましたが気分一転、新しい年の始まりです。
去年のクラスメートはほとんどが6歳の子たちで、今年は小学校に入学してしまったので、たくさん新しいお友だちが入ってきました。同じマンションに住んでいるお友だちも入園してきたので息子は大喜び。
息子に去年から一緒の友だちは元気かと聞いたら、「あんまりいないよ」との返事。あれ? 去年一緒に新しく入ったから今年もてっきり同じだと思っていたのに、手続きし忘れたのかしら? 毎年登録しないといけないシステムだから。去年、幼稚園の初日にママと離れるのがいやで数時間号泣して手がつけられない子がいたんだけど、その子も今年はいない。聞くと今年、小学校に上がったんですって。どうやら幼稚園には1年しか通わなかったみたい。
「Pelik nya(プレ ニャー)」。pelikは「奇妙な、分かりにくい、難しい」の意味で、nyaは前の単語を強調し、「不思議だなあ」という意味になります。
私のこどもが通っている幼稚園は、日本の幼稚園と違って毎年登録しないといけないから、毎年卒業させられる。そしてクラスも5歳、6歳が混ざっているから、誰が本当の卒業生なのか分かりにくい。去年の新入生は息子を入れて5、6人いたはずだけど、今年も同じクラスにいるのは2人だけ。あとの子たちはどこへ行ってしまったの? 本当にPelik nya・・・。
来年は長女が5歳になるから、今年登録をしないといけないなーって先生に話したら、「あら、じゃあ手続き用紙をあげるわね」って。もうもらっちゃった! 登録受け付けもいつからって決まってないのね、びっくりした! 何でも早く行動しないと取り残されちゃいそう。そして手続き用紙を見たら、幼稚園の名前の横に「クラスB」と書いてあった。息子は今、クラスB。えーーー、クラスBの先生からもらった手続き用紙はクラスB決定なの!? これにもまた驚かされました。マレーシア歴も長くなってきたけど、まだまだ知らないことばかりです。

 

はみだしコラム

同じような意味で「ajaib」(アジャイブ)という単語があります。Ajaib nyaで「不思議だなあ」って意味になるらしいんですが、Pelikのほうがより奇妙という意味に近いそう。ajaibは私は使ったことないなあ。使う機会はいっぱいあるはずなので、使ってみまーす!

のっし

このページの先頭へ