2018年4月-チャイナタウンの老舗ビーフヌードル

最近、滅多に行かなくなってしまったチャイナタウン。昔はこの界隈のバックパッカー宿に長期滞在していたこともある馬子でございます。
馬子が初めてマレーシアを訪れたのは1999年。2001年に語学留学のためKLを再訪した際、予算内の住まいを見つけることができず、この界隈のバックパッカー宿に住むことになったのです。朝は語学学校に通い、夜は屋上のバーで飲みながら旅人と遅くまでおしゃべりを楽しんだものです。学校の勉強よりこのバックパッカー宿で過ごした時間が一番英語、もとい流暢な「マングリッシュ」の上達を助けてくれたように思います。夜食の習慣もつき、細かった体はみるみると太っていきました。ローカルの友人たちは、出るもの全て平らげる馬子を面白がり、色んなところへ連れて行ってくれました。B級グルメ愛が芽生えたのは彼らのおかげといえるでしょう。
そんな遠い昔に思いを馳せ、無性に食べたくなったのが今回ご紹介します「新九如牛肉粉」なのです。チャイナタウンにある創業60年以上の老舗。
馬子がおススメしたいのは、鮮牛肉(Fresh Beef Noodle)でございます。スープとドライが選べますが、ここはスープでご賞味くださいませ。麺は米粉(ビーフン)、ツルッとのど越しのよい河粉(ホーファン)、もちもちした食感の老鼠粉(ローシーファン)、黄色い太麺のミーの4種。馬子は河粉とミーのミックスです。牛肉のしぐれ煮と柔らかな牛肉がたっぷりのって8リンギ。コクがあるのに後味さっぱりなスープとしぐれ煮がうまい具合に麺に絡みます。ガッツリ系の方には牛モツ入りの「牛雑肉丸」をどうぞ! 

鮮牛肉(Fresh Beef Noodle) RM8

新九如牛肉粉
7A, Jalan Tun Tan Cheng Lock,
City Centre, 50000 KL
10:30am-8:30pm(水曜定休)
012-673 7318

 

馬子

 

 

2018/03/22 | カテゴリー:ボレボレ♪10リンギ以下グルメ

このページの先頭へ