2019年10月-白いコーン

数カ月前のこと。ローカルの友人が大きな箱を抱えて家にやって来ました。「馬子! キャメロンハイランドから買ってきたんだよ。食べてみて!」と。箱の中には大量のトウモロコシが。彼曰く、これはキャメロンハイランドで生産している珍しいコーンで、普通のコーンに比べると高いけれど、おいしさが別格なんだそう。押し付けるように5本ほど玄関先に置き、他の友達にも新鮮なうちに届けなくちゃ!と、足早に去っていきました。
翌日、皮を剥いてびっくり! 黄色いと思っていたコーンは真っ白なのです。艶やかで真珠のようなコーン。だけど、白ってなんだか硬そうで、味が無さそうじゃありませんか。少し期待外れながらも湯がいてひとかじり。
驚きの食感! 通常コーンってプチプチと弾ける感じですが、これはサクサク、否、シャクシャクとしているのです。そして、ジューシーすぎるほどジューシー。「弾けるおいしさ」というより「滴るおいしさ」という表現がしっくりくるほど、水分が豊富なのでございます。そして、フルーツのような甘味が口いっぱいに広がるのです。友人の「おいしさ格別なり」と自信満々な表情が蘇ります。「めっちゃうまい!」と興奮気味に電話いたしますと「アイヤ~!言うの忘れてたけれど、ありゃ、生で食べたらもっとうまいんだぜ!」と。
調べてみますと、キャメロンハイランドでは2012年頃から白いコーンを生産しているのだそう。数週間前、そこへ仕事で行った相方に、買ってきてもらいました。他の野菜もあったので、正確な値段はわからないれど、1本RM5ほど。生で食べるとさらにクランチーで水々しい! お見かけの際はぜひお試しくださいませ。

Pure White Fruits Corn RM5
(1本当たり、推定)

キャメロンハイランドの野菜販売所にて購入
 

馬子

 

 

2019/10/01 | カテゴリー:ボレボレ♪10リンギ以下グルメ

このページの先頭へ