2019年11月-Kuih Bahulu

マレーシアの焼き菓子「Kuih Bahulu」。名前を聞いてもピンとこないかもしれませんが、一度は目にしたことがあるはず。とある集いの差し入れに、大きな容器に入ってRM9.90、軽くて安くてハラルマーク付きのKuih Bahuluを5箱ほど持参いたしました。
来馬したての頃、焼き菓子と言えば、バターたっぷりのリッチなものが大好きだった馬子。コレを食べた瞬間、口の中の水分が全てこのスポンジ状のお菓子にもっていかれて、味も食感もなく、ただただ飲み込んだ記憶しかございません。以来、疎遠になっておりました。
ところが、マレー系も中華系も「久しぶり!」と、これが大ウケ! 私も温かいお茶を片手に恐る恐る食べてみると…。あれ? めちゃくちゃおいしい! 外はサクッ、中はふわふわ。軽い口当たりで甘すぎず。紅茶、コーヒー、ほうじ茶、緑茶、プーアル茶、ジャスミンティーと、お茶のお供に最適。以後、馬子のテーブルの片隅には常にKuih Bahuluが。
花、魚、貝殻と、キュートな形がこれまたラブリー! 調べてみると、これ、実に手の込んだ焼き菓子なんです。黄銅製の型にタマリンドの汁を入れて一晩置きます。水で洗い流したら、オーブンで余熱、オイルを塗って再び空焼きしてから生地を入れて焼き上げます。Kuih Bahuluの特長は、防腐剤なしで1ヵ月以上もつこと。そのために、小麦粉は乾煎りして余分な水分を飛ばし、砂糖は火にかけて溶かしたものを使用。これは伝統的なレシピで、大量製産品は添加物入りもありますが、こう聞くとおいしさもひとしお。一口ひと口がさらに愛おしくなる馬子なのでございます。

Kuih Bahulu RM9.90(350g)

スーパーや市場で焼き立てのものもあり。
 

馬子

 

 

2019/11/01 | カテゴリー:ボレボレ♪10リンギ以下グルメ

このページの先頭へ