2019年2月-福州肉骨茶

バトゥパハッへ行ってまいりました。ジョホール州で2番目の都市。高いビルもなく、田舎っぽさが残るゆったりとした街並みが印象的でした。
ローカルの友人に聞き、晩御飯は川沿いのフードコートへ。名物のロジャッやらオタッオタッなどをつまみながらビールを飲んでいると、案の定、催した馬子。お店の人に尋ね、指さす方向を見てびっくり。真っ暗闇の中に便所のような建物が。「え?ここ? 灯りは?」と聞けば「電灯はない」と一言。オロオロしていると「こっちに来な!」とおじさんが屋台の脇に案内してくれました。「なぁ~んだ、最初から言ってよ!」と、そこを前に目が点。便器がない! あるのはドアと排水口。脇には水を貯めた大きなバケツと手桶。要するに、シャワールームのようなソコで、排水口目がけて用を足せと。覚悟を決めて、大股になり、やってやりました! えへん! というわけで、不思議なトイレが平気な方はこちらをお試しあれ~! お味は百点満点なのですから!
翌朝、再び川沿いを歩いていると「福州肉骨茶」というお店を発見。名前の通り、福州スタイルの肉骨茶のお店です。珍しいではありませんか。土鍋にスープ、臓物、ポークリブ、エノキやらおあげを入れて煮立てます。透明のスープは非常にあっさり、物足りなく感じます。しかし、これに追加で注文したお漬物を入れて食べるとあら不思議! KLでいただく濃厚な肉骨茶とは一味違う絶品スープに早変わり! ヤム芋入りの味付けごはんと一緒にどうぞ。肉骨茶一品でいろんな味が楽しめます。創業30年、お父さん、お母さん、そしてかわいい娘さんが切り盛り。英語があまり通じないバトゥパハッですが、こちらのお店は注文も簡単ですのでおすすめです。

肉骨茶 RM10 ヤムご飯 RM1

福州肉骨茶
41, Jalan Shahbandar, 83000 Batu Pahat, Johor
8am-2:30pm 火曜定休
 

馬子

 

 

2019/02/07 | カテゴリー:ボレボレ♪10リンギ以下グルメ

このページの先頭へ