2019年3月-拉麺

「注文を聞いてから麺を打つ拉麺屋さんがある」との情報をGetした馬子。場所はタマンデサでございます。馬子も幾度となくその店の前を通り、今度行ってみようと思いながらも、ついつい贔屓にしている麺屋へ足を向けておりました。
 ある日、その店が珍しく閉まっていたのです。口の中の準備はすでに麺! なんとしても麺を食べたい馬子の脳裏に「そうだ! こないだ教えてもらった拉麺屋に行ってみよう!」と浮かんだのであります。
 この店は本土中国の料理のお店。串焼きや鍋のお店だとばかり思っていたのですが、看板を見ると、確かに「米线(ミーシエン)」と書かれていました。米线は米粉を原料にした麺で、少し太めのコシがある麺です。中国の南部で有名な麺で、馬子も大好きではありますが、今日の目的は拉麺。さっそくメニューとにらめっこ。「青菜鸡丝拉麺」をオーダーしました。腕っぷしが強そうなお兄さんは表に出ると、ムチムチした生地をおもむろに台に乗せて捏ね始めました。打ち粉ならぬ油をまぶしながらコネコネ。両腕を広げ生地をエキスパンダーで筋トレをするかのように、びよーんと引っ張ります。手早く半分に折りねじりながら2本に。同じ動作を繰り替えし、あっという間に細い麺の束ができあがりました。
 さて、この青菜鸡丝拉麺のお味やいかに? 牛でダシをとったスープに香菜がたっぷり乗っています。その下に鶏の胸肉を茹でて割いたもの、そして青梗菜と大根が入っています。牛と香菜とネギがベトナムのフォーや韓国のスープのようなエスニックな味わい。そしてモッチモチの麺の歯ごたえは打ち立てならでは。水餃子もプリップリでめちゃ旨い! ゴーヤの炒め物や麻婆豆腐もおいしくて、その週は3回も通ってしまいました。

青菜鸡丝拉麺 RM9.90

No.7-0-9, Jalan 3/109F, Danau Business Centre, Taman Danau Desa, 51800 KL
03-7987 7388 11am-10pm
 

馬子

 

 

2019/03/01 | カテゴリー:ボレボレ♪10リンギ以下グルメ

このページの先頭へ