2019年5月-フィッシュスープ

馬子の東海岸思い出をご紹介しましょう。旅行で必ず訪れる場所は市場。その地域の物価や名物が一目で分かるからです。
クランタンではSiti Khadijah Marketに行きました。色とりどりのお惣菜がずらりと並んでいます。いろいろと買って食べましたが、どれも甘い! 一番おいしかったのは、チリ、塩、砂糖を混ぜたものを付けて食べるグリーンマンゴ。ほどよい酸味と甘みがKLやタイで食べるものとは一味違います。チャイナタウンでは、本場タイよりマイルドな辛さの料理がたくさん!
トレンガヌでは、一番有名と言われるPasar Payangに行ってみましたが、どうもクランタンの活気とは異なりました。ぐるっと一周したものの、朝食を食べられる雰囲気ではないので、もう一つの市場、Chabang Tigaへ。ここは規模が小さなウェットマーケットですが、地元の人で賑わっています。市場の外にあるフードコートを覗くと地元ならではのご飯がいっぱい。そこで見たのは、多くの男性がスープとパンを食べる姿。1人の男性に声を掛けてみました。「それはなに?」と。気のいいお兄さんは「フィッシュスープ! あそこで買えるよ、おいしいよ!」と。さっそくフィッシュスープをオーダーしました。和風味かと思いきや、濃厚で洋風のお味。オックステールスープのような感じです。なるほど、パンとスープの意味がようやく分かりました。先ほどの男性が「どうぞ」とパンを分けてくれました。スープには、魚のつみれがコロコロと入っています。予想外の味とおいしさにビックリ。
総じて、「東海岸の食事はなんでも甘い」という印象で終わりかけたところ、このフィッシュスープのおいしさは、目からウロコ。たったのRM2なんだから、更に驚きでございました。

フィッシュスープ RM2

Pasar Chabang Tigaのフードコート
Kampung Hiliran Jejawi, 21000
 

馬子

 

 

2019/05/04 | カテゴリー:ボレボレ♪10リンギ以下グルメ

このページの先頭へ