2019年6月-フィッシュヘッドカリー

バンサーのラッキーガーデンに、毎日長蛇の列ができるフィッシュヘッドカリーの屋台があります。その名も「Bangsar FISH HEAD Corner」。行列に並ぶのが苦手な馬子ですが、気になってがまんできず、並んでしまいました。おじさんの働きがとてもテキパキとしているので、最後尾に並んでも10分ほどで、馬子の番が回ってきました。周りを見渡し、ご飯の量があまりにも多いことに驚きつつ、「ご飯少なめ、カレーの汁、フライドチキン」をオーダー。フィッシュヘッドがゴロゴロと入った、大きな寸胴鍋からスパイス香る汁をごはんにたっぷりかけてもらいました。揚げたてのカリカリでジューシーなフライドチキンは自分で好みの部位をお皿に載せます。これでたったの3リンギって、今時信じられませんよね! ボリューム満点、しかも激安! 働き盛りの男性客が多いのも納得です。
魚のダシがよく効いたカレー、きっとものすごい種類のスパイスとともに煮込まれているのでしょう。ピリッと辛いだけでなく、一口ふた口と食べ進めると、汗がだらだらと噴き出してきます。ご飯ももりもりと進みます。フィッシュヘッドは大きいので、何人かでシェアするのがおすすめです。フライドチキン、これがまたうまいのなんのって! チキンの皮はパリパリ、肉汁がしたたるジューシーさもたまりません。
1980年代にオープンしたというこの屋台。老若男女、民族問わず、毎日人が途切れません。さすが、「町で一番うまい店!」と看板を掲げるだけのことはあります。
昨年12月31日には、セパンのタマン・ブンガ・ラヤにもオープン。このクオリティでこの値段、非常に頼もしいB級グルメ店でございます。

フィッシュヘッドカリーフライドチキン付き RM3

Bangsar FISH HEAD Corner
No. 2, Lorong Ara Kiri 3, Bangsar 59100 KL
8:30am~5pm 日曜定休
 

馬子

 

 

2019/06/01 | カテゴリー:ボレボレ♪10リンギ以下グルメ

このページの先頭へ