2019年7月-ルイ茶

馬子が来馬したばかりの頃、今から18年ほど前でしょうか。ハウスシェアをしていた中華系の女の子に連れて行かれた掘っ立て小屋のガレージ。そこでおばあさんがテーブルを広げて売っていたのがルイ茶でした。ルイ茶とは客家系のベジタリアン料理。数種類の茹でた葉野菜、インゲン豆、中国漬物、ピーナッツ、ゴマなどを乗せたご飯、別のボウルにはバジルやミントを煮出した青汁。この青汁をごはんと具材が入ったお椀にぶっかけるのですが、初めて食べたときは衝撃的でした。豪快な食べ方とは裏腹に、こんなにも優しい味わい。肉がないのにごはんとの相性抜群、しかもお腹はしっかりと満たされるのです。すっかり虜となり、よく食べに行ったものですが、最近その辺りを通ったら風景は様変わりしていました。寂しいもんです。
ところ変わって、OUGのコピティアムにルイ茶の屋台があります。すっかりご無沙汰していたので久々に…。嗚呼、やっぱりうまい! よくここのルイ茶をテイクアウトしてくれた友人のことを思い出します。最近仕事が忙しいようで、なかなか会えない彼女。これを食べた直後に連絡を取り、翌日、久々に一緒に飲みました。3年前に亡くなった共通の友人と最後に食事をしたのがこのコピティアムだったことに思いを馳せながらしみじみと…。
数年前、台湾の「北埔老街」という客家の村を訪ねました。そこでルイ茶を発見! ところが出てきたのは穀物がたっぷりと入った、ドロッとして温かい甘い飲み物。「ご飯じゃないの?」と尋ねる私に、店のおばさんはうんざりした顔で「あんたマレーシア人かい? マレーシアと台湾のルイ茶は違うのよ」と。などなど、ルイ茶にまつわる思い出話でしたとさ。

ルイ茶 RM6.50

Hoi Sum Kopi Tiam内
13, Jalan Hujan Rahmat,
Taman Overseas Union, 58200 KL
016-335 6639 7am-1pm 第1&2火曜定休
 

馬子

 

 

2019/07/01 | カテゴリー:ボレボレ♪10リンギ以下グルメ

このページの先頭へ