2013年1月-マツダミヒロの魔法の質問 (第5回)

ー魔法の質問で楽しく幸せな人生をー

それは、愛ですか? 怖れですか?

 魔法の質問のなかで大事な質問があります。それは、「それは愛の選択ですか?それとも怖れの選択ですか?」というものです。何かを選ばなければいけない、選択しなければいけないという時に使う質問です。愛の選択とは、自分がどうしてもしたいもの、心から溢れてくる気持ちにしたがって選ぶものです。例えば自分は料理が大好きで、人に教えるのも大好き。だから料理教室を開きたい。これは、愛の選択です。

怖れの選択とは、本当はやりたくないけれど、やったほうがいいと思っているからやっているものです。人から言われるからやる。食べていくために仕方なくやる。今やっているからやる。親の目が気になるからやる。例えば、料理教室のフランチャイズがあって、誰でも簡単に始められるから、今後の収入のためにも、これに参加してまずはやってみようか、これが怖れの選択です。

ぼくの経験からも言えることですが、怖れの選択をすると、ことごとくうまくいきません。トラブルが起きたり、突然人がやめたりいなくなったり。まるでやめなさいよと言われているかのごとく、うまくいかないのです。

一方で、愛の選択は、なぜか自然にうまくいきます。偶然一緒にやってくれる人に巡り 合ったり、チャンスやタイミングがやってきたりするのです。

だからこそ、愛の選択で物事を選んでいきたいものです。無意識でいると、不安や怖れ、将来のことなどが頭をよぎり、怖れの選択をしてしまいます。そこで勇気を持って、愛の選択をしてみましょう。

ただ、愛の選択といっても、自分だけが良いというのは愛の選択ではありません。以前紹介したシャンパンタワーの法則というものがあります。自分だけが満たされるのではなく、自分と同時に家族も満たされる、友達も満たされるというように、自分だけで完結しないこともチェックするべき項目の一つです。自分と周りを満たしつつ、愛の選択をし続けてみましょう。

魔法の質問、「それは、愛ですか? 怖れですか?」

マツダミヒロ

このページの先頭へ