2012年2月-第16回

 

★「ほめたいのに、つい叱ってしまう」
そんなときは、子どもの見方を変えてみましょう

 子どもをほめて育てることは大事です。ただ、そうはいっても「ほめたいのに、つい叱ってしまう」という親御さんの声も少なくありません。そこで今回は、子どもをほめるためのヒントをご紹介したいと思います。

 私たちは子どもに、ついつい期待をします。「こうなってほしい」「これぐらいできてほしい」等々。子どもも、そんな親の期待にこたえようとがんばって、伸びていくわけですから、それも大切なことだと思います。しかし、その期待が、子どもの現状に比べて大きくなりすぎると、子どもも親も苦しくなります。期待どおりにはいかないことが多いし、裏切られることも多くなるからです。「どうしてこのくらいできないの!」「あんたは何をやってもダメね」ということになってしまいます。

 子どもに対する否定の言葉が多くなり、子どもも自信を失っているなと感じたら、そのときは、思い切って要求水準を下げましょう。「できて当たり前」ではなく、「できなくて当たり前」と見ていくのです。そうすれば、たまにできたら、「あら、できたじゃないの」となり、イライラしなくて済みます。

 もう一つ、私たちはよく、子どもをほかの子と比較してしまいます。親としては、ほかの子と同じように、あなたもいい子になってほしい、ということなのですが、子どもはそうは受け止めません。いい子が欲しいんだったら、あの子を子どもにしたらよかったじゃないか、自分じゃなくてもよかったじゃないか、と思ってしまう子もあります。結果、よけいにやる気を失わせることになりかねません。

 子どもによって、成長には個人差があります。表面的なところだけで、比較はできないのではないでしょうか。もし、比較するとすれば、私は、以前のその子と比較するのがいいと思っています。「1年前はこうだった、半年前はこうだった」。そうすると、子どもなりの成長、がんばっているところが見えてくるはずです。それを伝えれば、子どももやる気を出して、さらに成長していくのではないでしょうか

明橋大二(あけはしだいじ)

*子育ての悩み、疑問等を明橋先生に聞いてみませんか。
具体的な相談内容をeditor@senyumpress.comまでお送りください。

このページの先頭へ