Vol.1 31歳独身OL 初めての資産運用

okanenohanashi

現代女性の生き方はさまざまで、自分の意思をしっかりもって、いろいろな将来を描ける時代になりました。しかし、「こんな生き方をしたい!」という思いはあるけれど、実は誰にも相談できないことも盛りだくさん。なかでも、お金のことはしっかり管理したいものですが、「でも、誰に、いつ相談したらいいの?」。そんな悩みをもつ木下さんが、初めて資産運用の相談を受ける決意をしました。

木下:柏村さん! 日本を離れて海外で働き始めて、改めて将来のことを考え始めたんです。それでとりあえず、柏村さんに将来のためのお金の相談をと思ったんですが、私みたいな人が相談しても大丈夫なんでしょうか!?

柏村:私みたいな人っていうと?(笑)

木下:資産運用というと、そもそも富裕層しか相手にしませんというイメージがあって、私みたいなOLなんて取

「老後はニースの海岸でのんびりしたい…と、要望だけでも伝えてみました(笑)。でも、そのためには?」。柏村さんが、将来設計の仕方を教えてくれます。

「老後はニースの海岸でのんびりしたい…と、要望だけでも伝えてみました(笑)。でも、そのためには?」。柏村さんが、将来設計の仕方を教えてくれます。

り合ってくれるのかなと思って…。でも30代に入って、よりお金と将来を結びつけて考えるようになったんです。

柏村:資産運用っていう言葉自体が敷居の高いイメージをつくっているのかもしれませんが、例えば木下さんが将来のためにお金についてきちんと向き合いたい、という意思があれば、その気持ちをもてた時点で考える必要があると思います。そんなときは是非相談していただきたいです。

木下:それを聞いてホッとしました。資産運用というと、「積み立て」という考え方になるのでしょうか? 私、月に10万円も20万円も積み立てするなんてとても無理なんですけど、他の方の積立額はどれくらいなんですか?

柏村:資産運用はさまざまな方法がありますが、積み立て額だけの話をすれば、一番多いのは4万円から10万円程度ですね。

木下:4〜5万円なら私でもできるかもしれません!

柏村:何歳を目途に、どれくらいのお金が欲しいなど、具体的な目標はありますか?

木下:具体的な数字を考えたことは正直ないんですよ(汗)

柏村:まずはプランニングですよね。10年後、20年後、30年後にはどうなっていたいか、お金をいくら持っていたいか、なりたい自分を描いてみてください。そして、目標とする将来の自分から逆算して、足りないお金はどうするのか、他に何をすればいいのか、考えるとプランニングの方向性がみえてきますよ!

木下:すいません、今気づいたのですが、すでにいろいろアドバイスを頂いていますが、相談料が発生してたり???(汗)

柏村:いやいや大丈夫ですよ(笑)でも気になるところですよね! そこも追ってしっかり説明させてもらいますね。

相談を終えて・・・
資産運用だけでなく、将来をみつめ直すきっかけになりました。お金のことに関しては早く準備して損をすることはない。こんな世の中だからこそ、自分で勉強して自分の意思でしっかり将来のお金を管理していこう、と思いました。(木下さん)

 

 

このページの先頭へ