マラッカ海峡航海記(2)

生まれて初めてのボートレースに参加してきました。ランカウィからインドネシアのアチェまで、全行程2週間の豪華版(!?)船の旅。数日間苦しんだ船酔いからはじまり、アチェではいまだ未開拓のままの自然の美に息を呑み、帰途中は海上警察から足止めを食うなど、驚きの連続だった旅の思い出を記しました。

 

 ◆◆大海原で坂本龍馬を追体験

 ランカウィ島へ向けて出航の日、早朝3時起床。興奮と緊張であまり眠れなかったものの、眠気はすっかり飛んでいました。4時出発。前日にマリーナのオーナーから、マリーナからの出方(どこが深いのか、どれを目印に進めばよいのかなど)を聞いたので、それを頼りに出航しました。しかしどれが目印に該当するライトなのか、またキャプテンが聞いたこともない航海用語(?)を流暢な英語で話すので、いきなりパニックです。

 やっと広い海に出てひと安心。ダック号は時速5ノット(時速約9キロ)でゆっくり進みます。徐々に空が明るくなってきて、ついに水平線から太陽が顔を出しました。なんという神々しさ。体中にエネルギーが満ちてくるのが実感され、気分もとても大きくなってきて、あらゆる困難を越えて前に進んでいこうという気持ちにさえなってきます。静かな闘志とでもいうのでしょうか。とても不思議な気分でした。甲板に出て坂本龍馬のあの有名な台詞、「心は太平洋ぜよ」を大声で叫びたくなりました。直感的に思ったのが、彼もきっと故郷土佐の海で、この感覚を体験したのではないか。それがあの壮大な思想と、生き急いだとまでいえるエネルギッシュな活動を可能にしたのではないだろうか、と。

 つかの間の龍馬追体験に大満足していると、どんよりとした雲が見え始めました。苦痛はこの後すぐにやってきました。空模様がどんどん悪くなっていき、波が大きくなっていきます。気分が悪い。胃袋がでんぐり返ったようで、ごぼごぼと音を立て始めました。船酔いです。船に乗るのは久しぶりなのですっかり忘れていました。急にトイレに行きたくなり、「節水のため小便は海に放つ」と言われていたのですが、ボートが揺れて危ないため船底のトイレに行ったのが運の尽き。よどんだ空気と激しい揺れで一気に頂点に達してしまい、階段を駆け上がって、外気を吸おうと甲板の後ろで波しぶきと風を避けていると、我慢できなくなって横になりました。

 一度横になるともう起き上がる気力が失せてしまいました。薄目を開けて、舵輪を握るキャプテンを眺め、心のなかで「ごめんなさい」とつぶやき、静かに目を閉じました。先ほどまでの心意気はどこへ行ったのか、いやいやこれが凡人というものだと自分を慰めます。

◆◆航海仲間・エミーとの出会い

 結局ランカウィまで、ほとんど何もせずにいました。マリーナに近づくとスキッパーとマリーナとの無線交信が始まり緊張感が高まります。停泊する桟橋の場所が分からず、怒鳴り合いの交信が終わり、所定の桟橋に近づいて、一つの疑問がわきました。どうやって留めるんだろう。ボートを操縦して桟橋に着けるのは分かります。ボートにロープがあって、それを桟橋にある鉄のフックに結わえるのも映画で見たことがあります。でもどうやって、誰が? すると数人の男たちが桟橋に出てきました。彼らはボートが数メートルまで近づくと、私に向かって、ロープを投げるように言いました。そこで手すりの上からロープを投げると、ロープが張りつめたときに手すりに引っかかるというので、ロープを手繰って投げ直し。もう一方がボートに結わえられていなかったロープは、全部桟橋に落ちてしまいました。作業員の顔に明らかな侮蔑と嘲笑の表情がみてとれます。

 悔しいやら恥ずかしいやら、パニック状態でいると、一人の男が出てきて、感情を抑えたまじめな表情で的確に指示を出してきました。それが彼、エミーでした。細く引き締まった体で、マレー人も日焼けするのかと思わせるほど濃く赤茶けた肌。頭は剃っていて、濃い眉毛と大きな瞳とだんごっぱな。見るからに頑固そうです。彼はポートクランにあるロイヤル・セランゴール・ヨットクラブ(RSYC)で、メンテナンスやボートの移動を請け負うボートマンでした。今回はRSYC所属の別のボートVIRGOにクルーとして乗り込んでいます。いい奴だなとは思いましたが、このときはまだ、後々彼と仲が良くなるとは思いもしませんでした。わがキャプテンは私と二人きりでは停泊は無理と考え、携帯でエミーを呼び出していたのです。時計を見るとちょうど正午。8時間の航海でした。

(つづく)

文・写真 水産放浪家
<プロフィール>大学では水産を専攻したにもかかわらず、船のことは何も知らない大たわけ。今回の船旅ですっかり船の魅力に取り付かれ、将来は自分のボートを購入するんだと実現不可能な夢に取り付かれている。

2012/01/09 | カテゴリー:【連載終了】読者体験手記

このページの先頭へ