2016年10月-マレーシア在住11年の達人が車と家のお悩み解決します!第5回

急の帰国命令!
そんな時、車ってどうやって売却するの?

36T-column (1)マレーシア在住11年の永井美香さんと、だんなさんのタニシさん(マレーシア人)が立ち上げたThreeSixTsolutionsは、車に関するお悩みに幅広く対応してくれる、在マ日本人の強い見方。新車、中古車の購入、帰任時の車の売却、カーレンタルや事故対応まで幅広く対応してくれます。また、家探しやオーナーさんとの交渉など、家やオフィス、テナントに関する相談もOK。当連載では、永井さんに、車や家とうまくつき合って、マレーシアでの生活をもっと楽しむためのヒントを教えていただきます。

 

こんにちは。ThreeSixTsolutionsの永井美香です。
日本への本帰国する時期は、だいたい毎年3月か4月頃。だから、まだまだ本帰国なんて自分には関係ないな〜なんて思っていませんか?
しかし、「会社から急に帰国命令が出て、どうしよう!」というケース、最近よくあるんですよ。
そんなときに、皆さんがお困りなのが、車。買ったばかりの新車や、以前譲り受けた車の処分、どうしよう? どこに連絡すれば売却できるの? できることなら早く現金化したいなぁ〜、というご相談が、最近結構あるのです。
そんな時はあわてずに、ぜひ弊社にご連絡ください。
まずは、車の査定を行いますが、お車を見せていただく必要はありません。下記の情報をメールにてお送りください。
①パスポートコピー
②車の走行距離
③車の登録証の裏表のコピー
④車の写真(内側と外側から数枚)
⑤購入した時のレシート
上記の情報からおおよその査定金額を算出します。その金額でよろしければ、実際にお車を拝見し、エンジンの状態、車の傷、事故の有無を確認して査定金額が決まります。
あとは、引き取り時期を設定し、その日に小切手とお車を物々交換すれば、車の売却は完了。
売却する際、気を付けるべきことが二つあります。一つ目は、急ぎ過ぎないこと。査定金額は日々変わります。あまりにも早く査定してしまうと、最終引き取り時期には価格が変わっていた、なんてこともあります。
二つ目は、引き取り日の日程です。お支払いは小切手になりますが、小切手を現金化するにはどの銀行でも2~3営業日はかかります。帰国日から遡り、ちゃんと帰国前に現金化できる日程で進めることが重要です。
《弊社からのプロモーション》
誰もが相見積りをして、一番高い業者に買い取って欲しいものですよね? もし、弊社より高い査定金額が他社から出された場合、正式見積書をご提示いただければ、その金額より高く買い取ります。

 

36T-column

2016/10/07 | カテゴリー:車と家のお悩み解決します!

このページの先頭へ