Tanamera

産後ママのボディケアからスタートした、「タナメラ」のブランドストーリー

トロピカルハーブを主原料にしたスパ製品や美容製品のブランド「タナメラ」は、ヨーロッパ諸国をはじめ日本でも人気の高いマレーシアンブランドです。
伝統的な製法と科学的に立証された研究結果に基づき、マレーシアに自生する高品質なハーブを贅沢に配合した美容ケア製品「タナメラ」がこの世に誕生したのは、今から約30年前のこと。その発端は、タナメラの現代表である3姉弟の母、ファティマさんが始めた産後ママのボディケア・サロンでした。
多民族多文化を誇るマレーシアでは、マレー系、中国系、インド系など民族ごとに異なる産後ケアがあり、出産後約1ヵ月間は産後ケアのプロに任せます。彼女たちはハーブやスパイスを調合して煎じ産後ママに与えたり、マッサージを施すなどして健康回復と美容を促します。ファティマさんはさまざまな効能をもつハーブに魅了され、自らジャングルに入ってハーブを採取しては調合を繰り返し、やがて産後ママだけでなく、一般的な美容や健康に効能をもたらす「ジャムゥ」について研究し始めました。ジャムゥとはインドネシアの民間伝承薬で、アーユルヴェーダ医学をもとに、インドネシア自生のハーブを主原料として配合された薬です。産後ケアから美容へと事業が拡大したのは先の3姉弟が加わってからで、現在は世界16ヵ国に事業パートナーをもつほどに成長。
タナメラとはマレー語で「赤色土」のこと。熱帯地方特有の栄養分をたっぷり蓄えた土壌を意味します。化学的な薬剤は一切使用せず、自然の恵み「トロピカルハーブ」だけを使ったタナメラ。「今後は、ナチュラル志向の高い日本人マーケットに積極的にアプローチしていきたい」と語っています。

 



www.tanamera.com.my
FB: Tanamera Tropical Spa Products
IG: tanameraofficial
 


2019/05/04 | カテゴリー:Beauty Review

このページの先頭へ