カテゴリー:オットット爺やのつぶやき

  • 2016年1月-理念と実利

     ある日突然、コンビニやスーパーに並ぶ食料品が3割値上げされたら?「えっ、起きるわけないっしょ」と涼しい顔のあなた、これはモスクワで実際に起きた超インフレの実態だ。ソ連崩壊後のロシア政府は、資本主義に移行するため通貨を固…
  • 2015年12月-記号化が始まる

     名前を読み間違えられれば気分は悪い。大学の授業で出席をとっている時のこと。「○○睦」を「むつみサン」と読んだら「違います。『りく』です」と、ほおを膨らませた本人から抗議された。てっきり女子かと思い込んでいたが、図太い男…
  • 2015年11月-「一億総活躍」だって

     この夏の東京は、暑あつさむ寒かった。「そんな日本語聞いたことない」という声が聞こえるが、7月は体力を消耗させる酷暑が続いたのに、8月に入ると涼しさを通り越し秋の気配が訪れたのだ。政治の世界では安倍政権が過半数の反対を押…
  • 2015年10月-家族

     台湾生まれで日本育ちの東山彰良が今年上半期の直木賞に輝いた。受賞作は1970年代の台湾を描いた「流」。朝日新聞のインタビューに彼はこう答える。「台湾にいても、日本にいても、(中略)どちらの社会にも溶けこめるのだけれど、…
  • 2015年9月-学習効果

     いまわれわれは多くのことを学び始めている。憲法9条をはじめ立憲主義や「法的安定性」など、普段は深く考えることのなかった政治用語が国民的論点として浮上しているのだ。その種はすべて安倍チャンと彼の「チルドレン」が播いてくれ…
  • 2015年8月-スマホ人

     スマホ人(スマホ中毒)が嫌いだ。駅のプラットホームで見かける「歩きスマホ」や、満員電車の中で人の背中にスマホを押し付けながら操作するのは論外。  どんな美人でもこんな「スマホ人」と一緒に暮らしたくない。電車の座席に座…
  • 2015年7月-AKBにでも入るか

     「腑に落ちない」ことは結構ある。最近でいえば、秋篠宮家の次女で、成人になった「佳子さま」を、メディアが異常にプレイアップしているのもその一つ。女性週刊誌が毎週のようにトップ記事ではやし立てるだけではない。『週刊文春』『…
  • 2015年6月-病後の我儘記

     カツオ出汁に少し甘めのつゆのかけそば。ラードの効いたチャーハンと、こんがりと焼けた餃子。これにビールの一杯もあれば大満足。香港にモスクワ、台北と海外で生活して、腹が減った時に妄想する食べ物。そう、すべてC級グルメばかり…
  • 2015年5月-「ポチの末路」

     こどものころ、家の周りをうろついていた雑種の子犬を飼っていた。母親が犬嫌いだったせいか、家の中には上げず「縁の下」で飼っていた。名前は「ポチ」。ポチの語源は、フランス語圏の宣教師が自分の犬を「petit」(プチ=「小さ…
  • 2015年4月-「日本ホメ」って何?

     書店をのぞくと、山のように積まれていた「嫌中憎韓本」に代わって、日本を誉め讃える「自己愛本」が目立ってきた。本だけじゃない。テレビのバラエティ番組も「所さんのニッポンの出番!」(TBS系)をはじめ、海外で活躍する日本人…

アーカイブ

ページ上部へ戻る