カテゴリー:オットット爺やのつぶやき

  • 2015年10月-家族

     台湾生まれで日本育ちの東山彰良が今年上半期の直木賞に輝いた。受賞作は1970年代の台湾を描いた「流」。朝日新聞のインタビューに彼はこう答える。「台湾にいても、日本にいても、(中略)どちらの社会にも溶けこめるのだけれど、…
  • 2015年9月-学習効果

     いまわれわれは多くのことを学び始めている。憲法9条をはじめ立憲主義や「法的安定性」など、普段は深く考えることのなかった政治用語が国民的論点として浮上しているのだ。その種はすべて安倍チャンと彼の「チルドレン」が播いてくれ…
  • 2015年8月-スマホ人

     スマホ人(スマホ中毒)が嫌いだ。駅のプラットホームで見かける「歩きスマホ」や、満員電車の中で人の背中にスマホを押し付けながら操作するのは論外。  どんな美人でもこんな「スマホ人」と一緒に暮らしたくない。電車の座席に座…
  • 2015年7月-AKBにでも入るか

     「腑に落ちない」ことは結構ある。最近でいえば、秋篠宮家の次女で、成人になった「佳子さま」を、メディアが異常にプレイアップしているのもその一つ。女性週刊誌が毎週のようにトップ記事ではやし立てるだけではない。『週刊文春』『…
  • 2015年6月-病後の我儘記

     カツオ出汁に少し甘めのつゆのかけそば。ラードの効いたチャーハンと、こんがりと焼けた餃子。これにビールの一杯もあれば大満足。香港にモスクワ、台北と海外で生活して、腹が減った時に妄想する食べ物。そう、すべてC級グルメばかり…
  • 2015年5月-「ポチの末路」

     こどものころ、家の周りをうろついていた雑種の子犬を飼っていた。母親が犬嫌いだったせいか、家の中には上げず「縁の下」で飼っていた。名前は「ポチ」。ポチの語源は、フランス語圏の宣教師が自分の犬を「petit」(プチ=「小さ…
  • 2015年4月-「日本ホメ」って何?

     書店をのぞくと、山のように積まれていた「嫌中憎韓本」に代わって、日本を誉め讃える「自己愛本」が目立ってきた。本だけじゃない。テレビのバラエティ番組も「所さんのニッポンの出番!」(TBS系)をはじめ、海外で活躍する日本人…
  • 2015年3月-そんなに似てる?

     「あなたはカフカス人に似ているから、外を歩く時は気を付けないと…」。自宅の掃除、洗濯をお願いしていたニーナが、思いもよらないことを口にした。いまから約20年前、第一次チェチェン紛争が燃え盛ったモスクワで特派員をしていた…
  • 2015年2月-だって被害者だもん

     羊年の今年は戦後70年、いったいどんな年になるのだろうか。去年は、永遠に成長を保証するシステムとみられてきた資本主義の衰退が真剣に論じ始められた。グローバル化は国民国家の枠組みを溶かし、最善の統治システムと考えられてき…
  • 2015年1月-健さんかカイサンか

     健さんか、それともカイサンか?大ニュースが相次いだとき、ニュースの送り手(編集者)が最も頭を悩ませるのがトップニュース選択。そう、高倉健さんの訃報が全国を駆けめぐった日(11月18日)の夕、安倍チャンが衆院解散を発表し…

アーカイブ

ページ上部へ戻る