コタキナバル読書日記

脳梗塞をわずらってから2年経つが、最近体調が悪化して毎月3冊の紹介を続けることが困難となったので、今号から1~2冊を紹介することにしたいと思います。 X月某日 2015年は、西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネの3……(続きを読む)

私は33年前にサバ州に来る前はフィリピンで半年間の熱帯農業研修を受けたが、生まれて初めて女にもてて、舞い上がってしまった。何しろ日本では全然もてず、暗い青春だった。 X月某日 フィリピンで舞い上がるのは私だけではなく、多……(続きを読む)

今はほとんどの日本人が、南十字星のあり場所を知らないだろう。さそり座が見えたら、鋏の形をした三つ星から、その長さの5つ分を右側に延長して行った地点に、それがある。 X月某日 現在の北半球の星座名はメソポタミア人やギリシア……(続きを読む)

約17年前、会議のためにミャンマーへ行った。ヤンゴンから飛行機で約2時間のマンダレーに着き、濁ったイラワジ川を船で3時間遡り、それからジープで1時間の乾燥地帯だ。 X月某日 会議後にヤンゴンへ戻り、パゴダ見学と第二次世界……(続きを読む)

私は毎年、富士通の植林の時にはオラン・ウータンの説明もやっているが、オラン・ウータンを見ての欧米人の喜びようは、西洋の民話や童話に猿が登場しないためだと思っていた。 X月某日 ところが、デズモンド・モリス著『人間とサル』……(続きを読む)

1月4日より、ローカル学校は新学期が始まった。長男は4年生、長女は2年生になった。昨年の学期末、成績表をもらうと同時に、そこには次学年のクラスが書かれていたし、担任も決まっていたため、私が小学生の頃、新学期を迎える時に味……(続きを読む)

今年も7ヵ国約170名の参加者による、富士通植林を実施した。私は助手たちに体を支えられ、森林消失も一因の温暖化による世界中の異常気象について、絵を描きながら講演した。 X月某日 杉に覆われていた地中海地方が現在のように乾……(続きを読む)

群馬県労働者福祉協議会の植林も無事に終えた。今年でボルネオ島での植林は10回目、これで打ち止めになる。参加者たちはサバ州農村での濁どぶろく酒を存分に堪能した。 X月某日  サバ州も、日本の古代文化との共通性が多い照葉樹林……(続きを読む)

後継者に任せているサバ州山奥での植林事業で1週間ホームステイする村は、4年前まで電気がなかった。参加者である高校生や大学生たちは、電気のない生活が新鮮だったようだ。 X月某日 19世紀後半の電気の黎明期に有名だったエジソ……(続きを読む)

サバ州は東南アジアに属しながら、地形的に世界から孤立していたために、他のアジア諸国が受けたインド文明の圧倒的な影響をこうむらずにきた。今もインド系人口は非常に少ない。 X月某日  そのインド文明を豊富な写真を交えながら論……(続きを読む)

このページの先頭へ