【連載終了】マレーシア摩訶不思議

マレー語聖書は巷でほとんど見かけない。イスラーム教徒のマレー人には需要がない上、華人やインド人は英語などで聖書を読んでいるからだ。マレーシア聖書協会は細々と発行しているのだが、マレー語聖書は現在の形になるまで実に350年……(続きを読む)

19世紀になり、各州と道路で行き来できるようになったころから、郵便や通信設備もでき始めた。今回はマレー半島でどのようにこれらができあがったのかをみることにする。 郵便局の誕生 郵便局は英国などとのやり取りのため、マレー半……(続きを読む)

蘭やハイビスカスが熱帯を感じさせるマレーシア・バティックは、土産として人気がある。イスラームの教義から動物はあまり登場せず、たけのこやフウチョウソウ、ヤム芋、檳榔樹の葉などが図案化されたデザインもある。マレーシアのバティ……(続きを読む)

日本では古来から道路がよく発達し、全国に多くの街道が敷設された。しかし、マレー半島の場合、19世紀以降につくられたものが多いのだ。今回は道路の発達を概観する。 19世紀以前 19世紀以前の交通は主に川と海を利用した舟によ……(続きを読む)

日本では古来から政治や文化面などで多くの女性が活躍してきた。一方で、現在のマレーシアでは多くの女性が会社などで働いているが、これは戦後から本格的に進出したといっていい。今回は戦前までの女性の活躍を辿ってみる。 古来から1……(続きを読む)

前回、マレーシアでの新聞の誕生について紐解いた。多民族社会はすでに19世紀までには成立していたマレー半島では、新聞も各言語毎に発刊されていた。今回は20世紀から現代までの新聞の特徴を含めて追跡する。 20世紀初頭から 2……(続きを読む)

現在、マレーシアでは日本語も含めて多くの新聞が発行されている。それではいつ頃から新聞は発行され始めたのだろうか。今回は新聞の歴史を紐解いてみる。 19世紀に入って マレー半島に初めて新聞が登場したのは19世紀。英国の植民……(続きを読む)

今年独立56年となるマレーシアは、一度も軍事政権が成立したことがない国だ。近隣諸国と比べると軍は国防に徹しているが、国民統合は遅れている感が否めない。今回は、軍と国民統合の関係についてみてみる。 軍の民族構成 独立した当……(続きを読む)

マレーシアは冷戦の最中、中立を維持して独特の外交を展開してきた。今回はこの中立外交がどのように形成されていったのかをみることにする。 独立以前 独立した1957年以前、マラヤ連邦の外交権は英国にあり、連邦政府には決定権は……(続きを読む)

5月5日に下院総選挙と州議会選挙が実施された。国民戦線(BN)は過半数を維持したものの、安定多数には遠く及ばなかった。今回は、与党連合BNがどのように誕生して今に至っているのかを見る。 連盟党の躍進 周知の通り、マレーシ……(続きを読む)

このページの先頭へ