マレーシア最新芸術事情

マレーシアのヒット曲を探すには? インターネットや衛星放送が普及した今日では、以前のような老若男女知らない人のいない国民的歌手や、誰もが歌えるヒット曲といったものがほとんど存在しなくなった気がします。それと同時に、ヒット……(続きを読む)

マレーシアの現代芸術史に触れるには(パート2) 先月号では、最近発行されたマレーシア芸術関係のアーカイブ本3冊をご案内しました。今回はウェブ系アーカイブのご紹介です。 ■My Art Memory Project (ww……(続きを読む)

マレーシアの現代芸術史に触れるには 独立60周年を迎えた昨年、マレーシアの文化・芸術界では今までにない数のアーカイブ的な書籍が出版され、オンラインのプロジェクトなども発表されました。芸術は社会を映す鏡。真のマレーシアの姿……(続きを読む)

マレーシアでホラー映画を鑑賞する 国際映画祭が開催されていた昨年11月最終週のシンガポールで、ケーブルテレビ放送局のHBOアジアから、ある記者発表が行われました。内容は、同国エリック・クー監督主導でホー・ユハン(マレーシ……(続きを読む)

ヒップなアートスポット 今、クアラルンプールで最も新しくホットなアートスポットといえば、The Zhongshan(ゾンシャン、漢字では中山)Buildingでしょう。 モノレールのマハラジャレラ駅近く、Kampung ……(続きを読む)

今年一番のヒットソング 数年に一度、世界的にヒットする曲が登場しますよね。いまだに記憶に新しい4年前の大ヒット作『アナと雪の女王』の主題歌『Let It Go』は、世界中の幼稚園のお遊戯で歌われたのではないかと思うくらい……(続きを読む)

独立記念日に想う 毎年8月31日の独立記念日(ムルデカ・デー)が近くなると、各企業がこぞってイメージCMを流します。今年もそんなCMが多く流れるなか、記念日を目前にした8月28日、今までとは全く違ったあるムルデカのビデオ……(続きを読む)

韓国スターの人気ぶりに思うこと 私がマレーシアにやってきた2002年は、マレーシアでも『冬ソナ』が流行った直後。その後RainやBig Bangなど(詳しくないのでこのくらいで)が出てきて、同僚がチケット入手のために有給……(続きを読む)

Mak Cun フィーバー あなたはMak Cun(マッ・チュン)を知っていますか?数ヵ月前のある日、主人と彼の実家(ランカウイ)の話をしていたところ、彼がボソッと、「そうそう、マッ・チュンの製品がついにランカウイにまで……(続きを読む)

東南アジアが六本木を占拠する!? 来る7月5日~10月23日まで、「サンシャワー 東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」が、六本木の森美術館と国立新美術館において開催されます。 この展覧会は、1980年代以降……(続きを読む)

このページの先頭へ