マレーシア最新芸術事情

アートフェスティバルに行ってみよう! KLのセントゥルにあるクアラルンプール・パフォーミング・アーツ・センター(klpac)。緑に囲まれた広大なスペースに建つこの建物は、500名収容の劇場Pentas1、その演目によりレ……(続きを読む)

ハリラヤ特別版テレビドラマ まだマレーシアに来たばかりの頃、マレー系の文化や風習が見えてくるのが面白くて、よくTV3のドラマを観ていました。ハリラヤや独立記念日の時期には、毎年決まってそれをテーマにしたTVドラマが多く放……(続きを読む)

総選挙レポート ちょっと違った視点から 5月9日に投開票が行われたマレーシア第14回総選挙、元マハティール首相が率いる野党連合パカタン・ハラパンの勝利に関しては、皆さんもご存知かと思います。 前回の選挙の際にご紹介した「……(続きを読む)

巷で話題の劇場初公開作品とは? 昨年マレーシアで公開された国産映画59本のうち、興行成績が100万リンギの大台を超えたのはわずか9本。そんななか、公開初日で150万リンギを達成する作品が登場しました。タイトルは、「DUK……(続きを読む)

マレーシアのヒット曲を探すには? インターネットや衛星放送が普及した今日では、以前のような老若男女知らない人のいない国民的歌手や、誰もが歌えるヒット曲といったものがほとんど存在しなくなった気がします。それと同時に、ヒット……(続きを読む)

マレーシアの現代芸術史に触れるには(パート2) 先月号では、最近発行されたマレーシア芸術関係のアーカイブ本3冊をご案内しました。今回はウェブ系アーカイブのご紹介です。 ■My Art Memory Project (ww……(続きを読む)

マレーシアの現代芸術史に触れるには 独立60周年を迎えた昨年、マレーシアの文化・芸術界では今までにない数のアーカイブ的な書籍が出版され、オンラインのプロジェクトなども発表されました。芸術は社会を映す鏡。真のマレーシアの姿……(続きを読む)

マレーシアでホラー映画を鑑賞する 国際映画祭が開催されていた昨年11月最終週のシンガポールで、ケーブルテレビ放送局のHBOアジアから、ある記者発表が行われました。内容は、同国エリック・クー監督主導でホー・ユハン(マレーシ……(続きを読む)

ヒップなアートスポット 今、クアラルンプールで最も新しくホットなアートスポットといえば、The Zhongshan(ゾンシャン、漢字では中山)Buildingでしょう。 モノレールのマハラジャレラ駅近く、Kampung ……(続きを読む)

今年一番のヒットソング 数年に一度、世界的にヒットする曲が登場しますよね。いまだに記憶に新しい4年前の大ヒット作『アナと雪の女王』の主題歌『Let It Go』は、世界中の幼稚園のお遊戯で歌われたのではないかと思うくらい……(続きを読む)

このページの先頭へ