マレーシア最新芸術事情

Urbanscapes 2018 に勇気を出して行ってみた① KLあるいはその近郊にて開催されている年に一度の大型アートイベントUrbanscapes(アーバンスケイプス)。実は今年で16年目を迎えたそうで、11月3日~……(続きを読む)

「新しいマレーシア」での検閲問題 去る5月9日の総選挙によって実現した政権交代。この5ヵ月間でかなり大きな進歩が見られたと思う反面、人々の期待が大きすぎるのか、まだ改善されていない点、不満に思う点があると、皆二言目には口……(続きを読む)

今が旬? マレーシア関連の映画で盛り上がる映画館 マレーシアは今、国産の話題作が目白押しです。前回登場した大河ドラマ的作品『Pulang』をはじめ、公開から1ヵ月を過ぎてもまだまだ人気のコメディーホラー『Hantu Ka……(続きを読む)

映画に感情移入できない時。 こどもの頃から、映画やお芝居に感情移入しやすい私ですが、マレーシア映画の場合、感情移入できない時の理由が、かなり細かい部分であることが多いです。ストーリーが面白くても気持ちが離れてしまうその理……(続きを読む)

アートフェスティバルに行ってみよう! KLのセントゥルにあるクアラルンプール・パフォーミング・アーツ・センター(klpac)。緑に囲まれた広大なスペースに建つこの建物は、500名収容の劇場Pentas1、その演目によりレ……(続きを読む)

ハリラヤ特別版テレビドラマ まだマレーシアに来たばかりの頃、マレー系の文化や風習が見えてくるのが面白くて、よくTV3のドラマを観ていました。ハリラヤや独立記念日の時期には、毎年決まってそれをテーマにしたTVドラマが多く放……(続きを読む)

総選挙レポート ちょっと違った視点から 5月9日に投開票が行われたマレーシア第14回総選挙、元マハティール首相が率いる野党連合パカタン・ハラパンの勝利に関しては、皆さんもご存知かと思います。 前回の選挙の際にご紹介した「……(続きを読む)

巷で話題の劇場初公開作品とは? 昨年マレーシアで公開された国産映画59本のうち、興行成績が100万リンギの大台を超えたのはわずか9本。そんななか、公開初日で150万リンギを達成する作品が登場しました。タイトルは、「DUK……(続きを読む)

マレーシアのヒット曲を探すには? インターネットや衛星放送が普及した今日では、以前のような老若男女知らない人のいない国民的歌手や、誰もが歌えるヒット曲といったものがほとんど存在しなくなった気がします。それと同時に、ヒット……(続きを読む)

マレーシアの現代芸術史に触れるには(パート2) 先月号では、最近発行されたマレーシア芸術関係のアーカイブ本3冊をご案内しました。今回はウェブ系アーカイブのご紹介です。 ■My Art Memory Project (ww……(続きを読む)

このページの先頭へ