マレーシア最新芸術事情

最近のマレーポップス 今年設立30周年を迎えるアクターズスタジオ。その記念に、30年前に初めて彼らが上演した演目『Norm & Ahmed』が再演されました。この作品はオーストラリアの劇作家アレクサンダー・ブーゾ……(続きを読む)

最近のマレーポップス お 年頃の長男がすっかり洋楽にはまってしまい、マレー語のヒット曲から離れ気味のため、彼を情報源として頼りにしていた私にとっては流行を追うのがなかなか難しい今日この頃。ヒット曲を聴く・観ることができる……(続きを読む)

偉大な劇作家を偲ぶ「Teater Yeop:Tribute to Datuk Syed Alwi」 マレーシアを代表する劇作家の故サイド・アルウィ氏は、俳優としても活躍し、ジョディ・フォスター主演の映画『アンナと王様』な……(続きを読む)

Urbanscapes 2018 に 勇気を出して行ってみた② 長年敬遠していたアートフェスティバル、Urbanscapes。先月号では、ついに足を運んでみようと決意するまでの私の心の葛藤(大袈裟!)について書きましたが……(続きを読む)

Urbanscapes 2018 に勇気を出して行ってみた① KLあるいはその近郊にて開催されている年に一度の大型アートイベントUrbanscapes(アーバンスケイプス)。実は今年で16年目を迎えたそうで、11月3日~……(続きを読む)

「新しいマレーシア」での検閲問題 去る5月9日の総選挙によって実現した政権交代。この5ヵ月間でかなり大きな進歩が見られたと思う反面、人々の期待が大きすぎるのか、まだ改善されていない点、不満に思う点があると、皆二言目には口……(続きを読む)

今が旬? マレーシア関連の映画で盛り上がる映画館 マレーシアは今、国産の話題作が目白押しです。前回登場した大河ドラマ的作品『Pulang』をはじめ、公開から1ヵ月を過ぎてもまだまだ人気のコメディーホラー『Hantu Ka……(続きを読む)

映画に感情移入できない時。 こどもの頃から、映画やお芝居に感情移入しやすい私ですが、マレーシア映画の場合、感情移入できない時の理由が、かなり細かい部分であることが多いです。ストーリーが面白くても気持ちが離れてしまうその理……(続きを読む)

アートフェスティバルに行ってみよう! KLのセントゥルにあるクアラルンプール・パフォーミング・アーツ・センター(klpac)。緑に囲まれた広大なスペースに建つこの建物は、500名収容の劇場Pentas1、その演目によりレ……(続きを読む)

ハリラヤ特別版テレビドラマ まだマレーシアに来たばかりの頃、マレー系の文化や風習が見えてくるのが面白くて、よくTV3のドラマを観ていました。ハリラヤや独立記念日の時期には、毎年決まってそれをテーマにしたTVドラマが多く放……(続きを読む)

このページの先頭へ