自然のはなし

タイのピピ島はこれまで10回以上行っているが、先の中国正月のダイビング旅行ではウミヘビに2度も会う機会があった。夜行性のウミヘビは日中のダイビング中に出て来ることが少ないので、なかなかラッキーなのだ。 出会ったのはいずれ……(続きを読む)

前回は巨大なオオアリを紹介したが、今回はそのオオアリを脅かす存在、アリタケ(Ophiocordyceps)だ。このキノコの仲間は、なんと生きたアリに寄生して操ることから「ゾンビ・キノコ」とも呼ばれている。 冬虫夏草をご存……(続きを読む)

マレーシアのジャングルには異常に巨大なアリが生息しており、初めて見る人は皆驚く。このなかでも世界最大級のアリがモリオオアリ(Giant Forest Ant)だ。大きさは何ミリなんて単位ではない。センチの単位である。 ハ……(続きを読む)

大人気のダイオウイカを自然の状態で見ることは難しいが、コウイカの仲間ならばダイビング中に出会えるかもしれない。 マレーシアのサンゴ礁でよく見かけるのは、体長が50センチメートルにもなるコブシメ(Broadclub Cut……(続きを読む)

世界最大の魚、ジンベイザメ(Whale shark)。体長は最大15メートルほどになるとされるが、20メートルを超えるとの説もある。エサはオキアミなどのプランクトン。大きな口で海水ごと吸い込みエサだけを濾しとる。このよう……(続きを読む)

マレーシアのジャングルを歩いていると、よく見かけるのがショウガ科の植物だ。なかでも見た目がユニークで美しいのが「ジンジャーウォート」(Gingerwort)とか、「蜂の巣ショウガ」(Beehive ginger)などと呼……(続きを読む)

マレーシアご当地動物でありながら、希少種であるためなかなかお目にかかれないエボシコクジャク(Malayan peacock-pheasant)をじっくり観察する機会があった。 エボシコクジャクはクジャクと同じキジ科に属す……(続きを読む)

中型哺乳類でありながら知名度が低い動物にビントロング(Binturong)がいる。動物園で見たことがある人もいるだろうが、多くの人が初めて耳にする名前だろう。名前の由来は不明だが、古いマレー語からきているともいわれる。 ……(続きを読む)

日本では布団やソファに繁殖するダニに悩む人が多いようで、さまざまなダニ取り専用殺虫剤が売られている。ダニは当然マレーシアにもいると思われるが、寝ている間に身体が痒くなる場合はダニだけでなくトコジラミ(Bed bug)につ……(続きを読む)

凝った巣を作る動物は多い。巨大なダムの下に作るビーバーの巣は有名だが、鳥の巣もなかなかなものだ。木の枝を使ったり石を使ったり、地面に穴を掘ったり木に穴を開けたりと素材も技法も多種多様。なかでも素材的にも技巧的にスゴイのが……(続きを読む)

このページの先頭へ