マレーシアコラム

Urbanscapes 2018 に勇気を出して行ってみた① KLあるいはその近郊にて開催されている年に一度の大型アートイベントUrbans  »…続きを読む
抵抗の大きい水中を泳ぐために多くの魚は扁平や紡錘形の方向に進化したが、「水の抵抗が増しても構わない! ボクはこれが好きだ!」と、言ったかどう  »…続きを読む
8月。息子の進学希望校を提出した。『こどもの進路 その2』でも書いたが、息子はマレー系公立校に進学する。第一希望は夫の母校で、実家の裏手にあ  »…続きを読む
「平和の配当」  まるで、乗っているエレベータ―が落ちたような激しい揺れだった。9月6日未明、北海道を襲った最高震度7の「胆振東部地震」。震  »…続きを読む
齊藤誠 さん 「寿司だけでなく、心地よい空間を提供したい」 新しいことに挑戦し続ける寿司屋オーナー 1977年10月19日生まれ。A型。東京  »…続きを読む
「新しいマレーシア」での検閲問題 去る5月9日の総選挙によって実現した政権交代。この5ヵ月間でかなり大きな進歩が見られたと思う反面、人々の期  »…続きを読む
マレーシア在住18年目にして初めてデング熱にかかり、5日間入院した。デング熱はヤブカ属に属するネッタイシマカ(Yellow Fever Mo  »…続きを読む
9月は忙しいながらも充実した月であった。まずは、息子のUPSR(小学6年生対象の全国統一試験)が1週間に渡り行われた。9月に入ってからは毎日  »…続きを読む
「しっかりと」は癇に障る  言葉はうつる、伝染する。それは仕方がない。同じ環境・空間に長くいる人が頻繁に使う言葉は、どうしたってうつる。仲の  »…続きを読む
リム·カーワイさん 世界を漂流、ひたすら映画のことだけを考える 無国籍映画監督、その名も「シネマ·ドリフター」 1973年7月28日生まれ。  »…続きを読む
今が旬? マレーシア関連の映画で盛り上がる映画館 マレーシアは今、国産の話題作が目白押しです。前回登場した大河ドラマ的作品『Pulang』を  »…続きを読む
小型のサルといえば、メガネザルを思い浮かぶ人も少なくないだろう。勉強しすぎたため(ウソ)小学校の時にクラスで真っ先に近眼になってメガネをかけ  »…続きを読む
とあるフォトスタジオでお手伝いをしていたことがある。マレーシアでは結婚式の前にウェディング写真を撮る習慣があり、ひと昔前は、どぎつい色のドレ  »…続きを読む
言葉から読み解く文化・社会論 われわれはいつも、自由意思に基づいて是非を判断していると思い込んでいる。でも実は、常識や規範に関する多くの「言  »…続きを読む
ハヤトゥール マルディア さん アイヌにルーツを持つからこそマレーシアや 先住民族の人から学んだことを伝えたい 1967年6月13日生まれ。  »…続きを読む
映画に感情移入できない時。 こどもの頃から、映画やお芝居に感情移入しやすい私ですが、マレーシア映画の場合、感情移入できない時の理由が、かなり  »…続きを読む

このページの先頭へ