マレーシアコラム

偉大な劇作家を偲ぶ「Teater Yeop:Tribute to Datuk Syed Alwi」 マレーシアを代表する劇作家の故サイド・ア  »…続きを読む
マレーシアを代表するお土産となったナマコ石鹸。豊富に含まれているコラーゲンで肌がしっとりツルツルになると評判だ。製法はいろいろあるようだが、  »…続きを読む
1月2日、新学期が始まった。末娘が小学校へ入学し、長女は5年生になった。長男はセカンダリースクール(中高一貫5年制の公立マレー校)のS校への  »…続きを読む
「ダンナさん」追究  急いで横断歩道を渡ろうとしたら「ピーッ」という鋭い警笛音と「そこのダンナさん、信号赤ですよ!」と、スピーカーから女性の  »…続きを読む
原口朋久 さん 今年でパン屋開業7年目。パンだけでなく、人間的にも成長するため日々努力しています パン工房カフェオーナー。1985年4月29  »…続きを読む
Urbanscapes 2018 に 勇気を出して行ってみた② 長年敬遠していたアートフェスティバル、Urbanscapes。先月号では、つ  »…続きを読む
前号で書いたように、ポッチャリ体型で進化したミナミハコフグ(Yellow boxfish)は、素早く泳げるスリムな身体の代わりにかたい身体で  »…続きを読む
年末、中国は成都へ家族旅行。私の友人と両親も合流し、計8名での旅。 成都は大都会であった。地下鉄の路線が充実しとても便利。なにより驚いたのは  »…続きを読む
台湾でもポピュリズム指導者  艦マーチ」を大音響で流しながら、目抜き通りを走る街宣車。街宣車の上で絶叫するタスキ掛けの中年男性。こう書けば誰  »…続きを読む
古澤直久 さん 世界を駆け巡る音楽家 日本人初のMPO専任指揮者としても活躍 1973年、東京生まれ。O型。マレーシア・フィルハーモニー管弦  »…続きを読む
Urbanscapes 2018 に勇気を出して行ってみた① KLあるいはその近郊にて開催されている年に一度の大型アートイベントUrbans  »…続きを読む
抵抗の大きい水中を泳ぐために多くの魚は扁平や紡錘形の方向に進化したが、「水の抵抗が増しても構わない! ボクはこれが好きだ!」と、言ったかどう  »…続きを読む
8月。息子の進学希望校を提出した。『こどもの進路 その2』でも書いたが、息子はマレー系公立校に進学する。第一希望は夫の母校で、実家の裏手にあ  »…続きを読む
「平和の配当」  まるで、乗っているエレベータ―が落ちたような激しい揺れだった。9月6日未明、北海道を襲った最高震度7の「胆振東部地震」。震  »…続きを読む
齊藤誠 さん 「寿司だけでなく、心地よい空間を提供したい」 新しいことに挑戦し続ける寿司屋オーナー 1977年10月19日生まれ。A型。東京  »…続きを読む
「新しいマレーシア」での検閲問題 去る5月9日の総選挙によって実現した政権交代。この5ヵ月間でかなり大きな進歩が見られたと思う反面、人々の期  »…続きを読む

このページの先頭へ