マレーシアコラム

マレーシアのジャングルには異常に巨大なアリが生息しており、初めて見る人は皆驚く。このなかでも世界最大級のアリがモリオオアリ(Giant Fo  »…続きを読む
マレーシアのヒット曲を探すには? インターネットや衛星放送が普及した今日では、以前のような老若男女知らない人のいない国民的歌手や、誰もが歌え  »…続きを読む
  ん丸ちゃん(末娘)の頭に『クトゥ』がいるんだよ!」と、長女。なんだって!? クトゥとはマレー語で「シラミ」のことである。どうやら、マレー  »…続きを読む
黒服からイノベーションは生まれない  サクラの季節とともに日本の首都は「黒服軍団」に制圧される。就職活動が3月に解禁され、黒いリクルートスー  »…続きを読む
中村輝明 さん 「のんびりした雰囲気と食事が気に入って」来馬 日本での経験を生かし焼き肉店をスタート! 1977年、名古屋市生まれ。大学卒業  »…続きを読む
マッストール」とは、インド系ムスリムが営むインド料理のレストランでございます。住宅地や商業施設が入るショップロットには必ず1件はあるほどで、  »…続きを読む
マレーシアの現代芸術史に触れるには(パート2) 先月号では、最近発行されたマレーシア芸術関係のアーカイブ本3冊をご案内しました。今回はウェブ  »…続きを読む
大人気のダイオウイカを自然の状態で見ることは難しいが、コウイカの仲間ならばダイビング中に出会えるかもしれない。 マレーシアのサンゴ礁でよく見  »…続きを読む
 私には日本の実家付近でお洋服屋さんをしている幼なじみの友だちがいる。彼女は年に一度、タイへアクセサリーや雑貨の買い付けに行くのだが、私はそ  »…続きを読む
雪どけは早いほうがいい  年ぶりの寒波で都心が雪に包まれた1月末、成田空港で中国人乗客が中国国歌を合唱して騒ぐトラブルが起きた。上海行きの格  »…続きを読む
坪野香梨 さん 米国留学、外資系企業を経てマレーシアで起業 「直感を信じて、一番面白いものに挑戦する」 1978年、東京都中野区生まれ。米国  »…続きを読む
旧友を訪ね、彼女のオフィスへ出向きました。ブキッビンタン界隈の瀟洒なオフィスでございます。ランチに出かけましたが、小洒落たカフェではOLや学  »…続きを読む
マレーシアの現代芸術史に触れるには 独立60周年を迎えた昨年、マレーシアの文化・芸術界では今までにない数のアーカイブ的な書籍が出版され、オン  »…続きを読む
世界最大の魚、ジンベイザメ(Whale shark)。体長は最大15メートルほどになるとされるが、20メートルを超えるとの説もある。エサはオ  »…続きを読む
 日間帰省した。毎年同様、長女と長男は私の母校で体験入学をした。1学年に1クラスしかない学校なので、5回目ともなると公園で遊んでいるとこども  »…続きを読む
70年前の「#MeToo」 映画とTV番組に与えられるゴールデン・グローブ賞の2018年授賞式が注目を浴びた。ハリウッドで相次ぐセクハラを受  »…続きを読む
ぜんじろう さん 世界を舞台にマイク一つで渡り歩く“異端児” 「つたなくても、自分を信じてネタをぶつける」 1968年、兵庫県姫路市生まれ。  »…続きを読む
マレーシアでホラー映画を鑑賞する 国際映画祭が開催されていた昨年11月最終週のシンガポールで、ケーブルテレビ放送局のHBOアジアから、ある記  »…続きを読む
マレーシアのジャングルを歩いていると、よく見かけるのがショウガ科の植物だ。なかでも見た目がユニークで美しいのが「ジンジャーウォート」(Gin  »…続きを読む

このページの先頭へ