2015年5月-この人のセニョ〜ム 冨田 佳之さん

Konohito20150599%以上が水の洗浄除菌水「エコピカ」をマレーシアから世界中に広めたい!

Aqua Green Tech Sdn Bhd社長。1971 年大阪府生まれ。大学卒業後、前田建設工業の情報システム部を経て、2000 年に独立。飲食業の経営支援のためのソフトウエア開発販売会社サイトスタイル・システムズを設立。軌道に乗るまでは、一日の食費100円という苦労も経験した。現在、東京の会社をスタッフに任せて2013年、家族と共にマレーシアに移住し、同年10月に再び起業。趣味はジョギングとBBQ パーティー。

 「エアコンクリーニングで使った雑巾ってすっごく臭くなるんですが、しばらくエコピカに浸けておくと臭いが消えるんです! 除菌されて臭いの元がなくなるんですね!」。

 日本では「アルカリ電解水」として人気のまったく新しいタイプの洗浄除菌水「エコピカ」。その製造および販売をする会社を2013年にマレーシアで立ち上げた冨田さんは、エコピカについて話し出すと、もう止まらない! 何が起こっても動じることがなさそうな沈着冷静な印象の冨田さんだが、エコピカのマーケットを開拓するためにはるばるマレーシアに移住したというだけあって、エコピカへの愛は果てしないようだ。

 ここまで冨田さんが惚れ込んでいるエコピカとは何なのか? その原料は、驚くことにほぼ水のみ。水を特殊な装置に通すことでアルカリ度数を高めたもので、アルカリパワーを発揮してたんぱく質や油汚れをスルスルと分解すると同時に、高い除菌作用もある。界面活性剤不使用で人体にも環境にもフレンドリー。泡が立たないから掃除が簡単なうえ除菌もできる。人体に害がないのでキッチンや調理器具の洗浄、ダイニングやこどもが使うスペースにも使える。2014年12
月にハラル認証も取得したので、ハラルレストランでも使える、といいこと尽くしだ。某大手清掃会社では、十数種類購入していたさまざまな洗剤をエコピカに一本化。希釈の度合いによって使い分ければ、エコピ
カだけでビルの隅々まで清掃できるというのだから、すごい! 現在冨田さんが経営する会社の新規事業は、エコピカを使ったエアコンクリーニング。長年かかってエアコン内部に付着した汚れがエコピカでぴかぴかになるだけでなく、化学薬品を使っていないので、排出される空気もクリーンで爽やかと大人気なのだそう。

 さて、ここで気になったのが冨田さんのキャリア。化学薬品関連のエンジニアだったのかと思えば、建設会社内の情報システム担当を経て、レストラン向けの経営支援のためのソフトウェア会社を立ち上げたという「変り種」。いろいろな巡り合わせを経てエコピカに出会い、マレーシアで起業したわけだが、曰く「特別なことをしているつもりはまったくなくて、淡々とやってきたらこうなった」とのこと。淡々としているように見えて、たま〜に大阪独特のツッコミ精神が見え隠れするのが魅力の冨田さん。エコピカと共に輝け!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る