アンナ先生の健康アドバイスー第20回

アンナ先生の健康アドバイス

プロフィール アイルランド・ダブリン大医学部卒(MBBCHBAO取得)。小児科、産婦人科、麻酔科、救急科、皮膚科、整形外科での経験を経て、2018年にのぞみクリニックを開業。自身も母親という立場から、こどもや女性にも優しいクリニックが信条。

質の高い睡眠とれていますか

眠れなくて困っていませんか? 朝起きられなくて困っていませんか? そんな状態が続く場合は、「睡眠障害」を疑ってみましょう。睡眠障害の原因は人によって様々で、生活習慣を見直すだけで大丈夫な場合や、治療が必要になるなど対処法も変わってきます。睡眠の妨げになることを防ぎ、睡眠の質に良いとされることを取り入れてみましょう。

【質の良い睡眠のための 知っておくべき10項目】
①カフェインを含む食品(お茶、コーヒー、ココアなど)の摂取は就寝4時間前に済ませましょう。カフェインには眠気を抑制する覚醒作用があります。
②ニコチン(ニコチンパッチやガムなども含む)を就寝1時間前と夜間起床時は避けましょう。
③就寝前のアルコールを避けましょう。
④就寝時間直前の大量の食事の摂取は避けましょう。
⑤定期的にエクササイズなどで体を動かしましょう。ただ、就寝の2時間前までには済ませましょう。
⑥寝室を整理整頓して落ち着ける空間にし、マットレス・シーツ・枕などを自分の合った快適なものを選びましょう。
⑦寝室を快適な温度に保ちましょう。
⑧夜間は寝室を暗くし静かな環境を作りましょう。日中はできるだけ日の当たる場所の下で過ごすように心がけましょう。
⑨寝室は睡眠をとるだけの場所にし、食事やテレビ鑑賞などは別室で行いましょう。
⑩できるだけ同じ時間帯に起床・就寝しましょう。
これらは科学的な研究に基づいており、皆さまの睡眠の手助けになるでしょう。

A1-9-3, 9th Floor, Arcoris Business Suite, 10, Jalan Kiara, Mont Kiara, 50480 Kuala Lumpur
Tel: 03-6411 1234
LINE: 012-6411-900
www.nozomiclinic.com.my

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る