オットット爺やのつぶやき 再選に失敗したら「お笑い芸人」だな

オットット爺やのつぶやき

再選に失敗したら「お笑い芸人」だな

「あいつなんか首にしてよかったぜ。アダ名はケイオス(混沌)だったけど、やつが嫌いだったから”Mad Dog(狂犬)“に変えてやったさ」。こうツイートするのはトランプ米大統領。けなしまくった「あいつ」とは、2019年1月まで国防長官を務めていたジームズ・マティス氏。

反人種差別デモが全米に拡大した6月初め、マティスが米誌に「トランプは米国人を団結させようとしないばかりか、そのふりさえしない。こんな大統領は初めてだよ」と痛烈批判したことへの「お返し」。それにしても、自分が指名した「世界最強の軍隊」の責任者を、まるで子供のようにけなしまくるとは。

ツイッター大統領の本領はこれではすまない。ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)が6月末トランプ暴露本を出すと、「あいつが唯一良かったのは、狂っていると思われていたことだね」と、立て続けにツイートした。

そのトランプ政権は、コロナ・ウイルスから香港、南シナ海問題とあらゆるテーマで中国攻撃を仕掛けている。4ヵ月後に迫る大統領選で、民主党のバイデン候補に差をつけられ、劣勢挽回のためと考えていいだろう。日本を含め西側メディアはそんな中国攻撃の大合唱に唱和するが、ボルトン本のさわりを見れば、米中対立をマジに論じるのはばからしくなる。

例えば、2019年6月末大阪で行われた米中首脳会談。トランプは習近平国家主席を「中国史で最も偉大な指導者」と持ち上げた。その大統領は6月17日、新疆ウイグル族弾圧に関与した中国当局者への制裁に道を開く ウイグル人権法に署名する。だが大阪での首脳会談では習に「(ウイグル人収容)施設の建設を進めた方がいい」と述べ、米中貿易協議を優先し香港デモを擁護しないとまで言った、とボルトンは暴露する。本音はどちらなのか。

「トランプが秋の新学期に学校に戻って勉強し直すのを、大多数が支持する世論調査結果が出た」と書くのは、米人気コラムニスト、アンディ・ウォロウィッツ。彼は「トランプを学校に戻すコストは高いけど、彼の無教育のコストのほうがデカい」と書き、再教育科目に「科学」「数学」はもちろん、「歴史」「地理」それに「国語」(米語)と全科目を挙げるのだった。

大統領のツイートの内容は、「好き」「嫌い」の感情だけから、自分の言動を正当化するものが多い。「小学校5年生」並みだが、それを「受けてるゼ」とばかりドヤ顔で口に出されると、思わず吹き出してしまう。彼にはお笑い芸人の素養が備わっていると思う。再選に失敗したら、是非とも「お笑い芸人」としてデビューして欲しい。

日本語の吹き替えは誰がいい? そうねえ由利徹、うん、伴淳の手もある。 「それって誰?」と首をひねったそこの人!ユーチューブで当たってみて。(了)

オットット爺や

通販で売っている
「ものまねマスク Mr.トランプ」

オットット爺や  プロフィール
1948年生まれ。通信社特派員として香港、モスクワ、台北などで報道。退職後は客員論説委員として国際政治を論じる一方、都内某大学で客員教授を務める。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る