偽善と慈善

 「タイガーマスク」が、日本全国で 増殖を続けている。昨年のクリスマス の夜、前橋市の児童相談所に「伊達直 人」(アニメ「タイガーマスク」の主人公)を名乗る正体不明の人物が、 10 個のランドセルをプレゼントしたのが 発端。その後、慈善の輪は連鎖的に広 がり、すべての都道府県の養護施設で 「寄付」が確認され、件数は335件(1月12 日現在)に上った。ほとんどお祭 り状態。

 寄付するキャラも伊達直人だけ じゃない。「巨人の星」の星飛雄馬か ら、画家の山下清を意味する「やましたきよし」や「クレヨンしんちゃん」 の主人公「野原しんのすけ」もあった。 プレゼントの品も当初のランドセル から現金、お米、お菓子などバラエ ティに富んできた。中には、「自家製ハム」なんてのもあって、とてもじゃないが「毒味」しないで子供には与えられない。

  深夜忍び込んでプレゼントを置いて いく「星飛雄馬」も。フジテレビによると、徳島県のある児童養護施設の防犯カメラに、怪しい4人の人影がー。 「4人の人影は大きな段ボールを抱え、 施設の玄関まで来ると、それを置いて素早く立ち去った」という。箱の中身は「お菓子や文房具」というが、なん だかコソ泥みたいな「飛雄馬」だ。

 オット、口さがない夕刊紙はタイ ガーマスクの経済効果に着目したぞ。 兜町関係者の話として、社名にタイ ガーの入った大手ホース会社の株が急上昇したほか。ランドセルや学習机を 売る家具量販店、タイガーマスクの名前を付けたパチンコ機メーカーなど 「タイガー23銘柄」を表にした(1月 14 日付「日刊ゲンダイ」)。これを見て株を買えば、確かに株価は上がるかも しれない。同紙は「どこぞの誰かがタ イガー銘柄を仕掛けて大儲けをたくらんだ?」とオチョクル。

  日本人ほど偽善という言葉を嫌う国民はいないかもしれない。偽善とは「善良と偽ること。これを行う者は偽善者と呼ばれる」とwikipedia は書く。慈善コンサートなど「祭り」には恥じらいなく参加できても、「善行」が広く知れ渡ると、周辺から「虚栄心や利己心から」と勘繰られやしないかと「勘繰る」。だから慈善活動や寄付は、できるだけ匿名を希望する人が多い。

 家族や地域の共同体が崩れ、それに替わる絆がみつからないまま、孤立意 識を抱え込む人びと。幼児虐待や高齢者の孤独死の増加がそれを裏付ける。 何とかしたいが、偽善ととられるのは嫌だ。精神科医の斉藤環は「キャラになりきることは、実名と匿名のちょう ど中間の選択として、まことに格好のアイデアだったのだ。キャラは必ずし も『匿名』ではない。少なくともメディ アやうわさの中では『あれは自分だ』 という同一性が保たれる」(1月23日付「毎日」朝刊)と分析した。  (了)  

オットット爺や

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る