2014年10月-西刀魚丸粉

 西刀魚丸粉。マレーシア名物ともいえる、フィッシュボールヌードルのこと。その店の数を数えれば、星の数を数えるかのごとく。どこにでも必ずある国民食の一つです。ドライの場合、妙に油っこかったり、黒いソースが塩辛かったりくどかったりと、なかなか当たりにお目にかかりません。その点、スープだと、まぁ、ハズレがないと言いましょうか。今回ご紹介しますのは、JalanLokeYewとJalanSungaiBesiの交差したところから程近い、「發記」の西刀魚丸粉でございます。ここでは黄色いMeeと河粉(ホーファン)のミックス”ドライ”ヌードルを是非! 見た目は何の変哲もありません。しかし!! 一口すすれば違いがハッキリ!まずは、黒いソース。「あれ? 薄味?」と一口目では疑ってしまうほどアッサリ。が、食べれば食べるほど、その奥深い味が口に広がります。サクサク、カリカリの豚脂、控え目ながらも麺にしっかり絡み、単調かと疑ったソースにパンチを一突き二突きと、刺激を与えてくるではありませんか! そこで、スープを一すくい。あれ!これまた穏やかなぬくもりが胃を包み、少量ながらも彩り添えるねぎと香菜がお口の中をリフレッシュ! さらにお目当てフィッシュボール。近頃「弾力命!」と誰が言ったか言わないか、プリプリが絶賛されるなか、1かじり目はホワッと、2かじり目にして初めてソフトにプリッと。ドライ麺のソース、スープ、フィッシュボールと3点セットで優しいのに飽きない味わいに意表をつかれた馬子でありました。

10ringgit發記西刀魚丸粉
RM6
Persiaran Jubilee, Pudu, 55200 KL (道沿い左手角。看板あり)
GPS: 3.129285, 101.711006
9:30am-2:30pm、5:30pm-11pm 月曜定休

馬子

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る