2014年2月-ライチ味のあれこれ

 こどもの頃、夏になる冷凍庫に常備されてたのが「チューペット」でした。「チューペット」とは商標で、今、残念ながら同品の生産はないようです。しかし、「夏と言えば!」と、人気不滅で、元祖チューペットでなくとも、「チューチュー」は夏の風物詩といえるでしょう。馬子は「チューペット」とか「チューチュー」と呼んでいましたが、呼び方は地方でも様々なようです。マレーシアでは「ice tube」。たとえどんな愛称でも、コレを知らない人はいませんよね。記憶を辿ると、「チューチュー」はいかにも砂糖水を凍らせたという感じで、食感はジャリジャリ。キーンと歯や頭に刺激を走らせ、猛暑に清涼感を与えてくれました。マレーシアのチューチュー、「GOOD BAR」は、シャリシャリとソフトな口当たり。10本入って2リンギ50センほどとめっちゃお安い!通常4種のフレーバーがランダムに10本入っているのですが、「あ、ライチが一本しか入ってない…」ということもたまにあります。

10ringit

もう一つ、「ナタデココ」。来馬当初は懐かしさと安さにびっくりしたものですが、最近よく食べています。こちらもライチ味がお気に入り。メーカーによって食感が違うので、フニャっとしたのを買ってしまい、ガックリすることもしばしば。バケツに入って4リンギ50セン。

最後にチューイングキャンディーの「Fruit Plus」のライチ味。味の種類も豊富でお土産にも喜ばれます。

ライチシーズンを心待ちにしながら、ライチもどきを楽しんでいる馬子でございます。

「GOOD BAR」 10本入り RM2.50
「ナタデココ」 RM4.50

馬子

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る