2015年7月-ジャイアントカリーパフ

おいしいシーフードを求めて、この週末、馬子は仲間たちと共にクアラセランゴールへ行って参りました。軽く昼食をとり、昼過ぎにKLを出て小1時間ほど。クアラセランゴールに程近い高速出口を降り、シーフードビレッジへ向けて車を走らせていたところ、道の両脇にポツリポツリと露店が並んでいるではありませんか。この辺りはTaman Belibisというのだそう。チェンドルの屋台、それから「Karipap Gergasi」と書かれた屋台などなど。どの店の前にも数台の車が停車しております。ここで馬子の勘がピピピと反応。何かおいしいものがあるのでは…。さっそく同乗していた仲間に聞いてみると、「ジャイアントカリーパフ」が売られている屋台とのこと。気になる~~! 屋台には名前通り巨大なカリーパフが売られています。これからシーフードを食べなきゃならないというのに、カリーパフを買い込みます。フィリングはチキンとビーフ。う~~む。ビーフが圧勝! 日本のカレーパンのような味わいに甘いポテトがゴロゴロ。絶妙のコンビネーション! 一つRM3.50。一般のカリーパフに比べるとお高いように聞こえるでしょうが、その大きさとたっぷりの具ですから、RM3.50なんてお安いもの!後先構わず一個ペロリと完食! パフの綴じ目はカリカリで、生地はサクッとした食感ながらも柔らかく、本当に美味! これぞジャンクフードの王道。クアラセランゴールにお越しの際は、ぜひとも味わっていただきたい名物を発見し、興奮冷めやまない馬子でございました。

Clipboarder.2015.07.07-002Karipap Gergasi
RM3.50

Taman Belibis クアラセランゴール高速出口付近
GPS:3.303528, 101.297944

馬子

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る