2020年 3月- パンとパオとヌードル

 

今月号はコタキナバル特集ということで、馬子厳選の名店をご紹介。
当地飲食店の激戦区でもあるガヤストリート。そのなかでも、早朝から夕方まで客足が止むことのない賑やかなお店が「Keng Wan Hing」でございます。1984年創業以来、地元の人に根強く愛されているようで。実を言いますと、KKはたった一度、2泊3日の滞在のみでしたが、ここは3日連続で通ったほどお気に入り。まずはヌードル。ポーク、ビーフ、海鮮スープの3種、麺は太めのミーフンか細めの卵麺から選べますが、馬子は卵麺一筋。いずれも具沢山。スープも各種特徴的でおいしいのですが、一番を選ぶならポークヌードルの圧勝! 肉団子、チャーシュー、BBQポーク、細切れ肉、ワンタンがたっぷり。濃厚だけどスッキリ冴え渡るスープに、中国漬物と揚げたシャロットが独特のうま味を醸し出しています。2代目(眼鏡をかけた俊敏な兄さん)が切り盛りしていますが、奥を覗くと、彼のお母さんらしき人が麺づくり。家庭的な味わいに納得の一碗です。全テーブルで食されているのが手作りパン。バターミルクパンとアンパンを試してみました。どうしたらこんなにもふんわりと焼きあがるのでしょう。バターミルク餡も小豆餡も、甘さがほどよく、ローカルのパン屋で一番おいしいと馬子も太鼓判を押します、ド~ン!時間にも胃袋にも限界が。パオでイチオシなのが梅菜包。中国の「梅菜」という、高菜の漬物と豚ミンチの餡で馬子の大好物ですが、これもまた絶品でした。この店のためにコタキナバルへ通いたい馬子でありました。

ポークヌードル RM8
パオ&パン各種RM1.20

Keng Wan Hing
80, Jalan Gaya, Pusat Bandar Kota Kinabalu,
88000 Kota Kinabalu, Sabah 6am-5pm

馬子

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る