2020年 6月- ペナンのローミー

 

ぺナンを代表するB級グルメについて調べる機会があり、実際に食の旅に出ることになりました。アッサムラクサ、チャークイティオ、ナシカンダー、ホワイトカリーヌードル…。今回の旅で一番衝撃的なおいしさであり、今まで食わず嫌いであったことに心底後悔し、地団駄踏んだのが「ローミー」でした。
ローミーといえば、KLだとうどんに似た福建麺に餡がかかったもの。日本の餡かけうどんのようです。とはいえ、どこにでもあるわけでなく、見かけたときは歓喜鼓舞! 必ずオーダーする一品なのでございます。打って変わり、ペナンのローミーは、どす黒い餡、麺は黄色のミーを使用。その黒い餡は、馬子の目には甘ったるそうに見え、どうにも食指が動きませんでした。たとえ幾度となく「ペナンの名物、おいしいよ!」と言われようが、長年避けてきたのでございます。
アエ・イタムの極楽寺を早朝に訪問した際、その麓で開かれる朝市を散策。メイン通りに面したフードコートがとても賑わっているじゃありませんか。ふ~む。ローミーか。その屋台の清潔さ、おじさんの手際の良さに惹かれオーダーしてみると…。レンゲには紅白の薬味がお行儀よく並びます。赤いのはサンバルブラチャン、白いのは…。なんと、ニンニクのすりおろし! これを豪快にまぜまぜすると、体の源から元気が漲ってくるようなパンチ力。「どす黒い」なんて言葉は大撤回。カラメルソースのような餡は、甘いなんてことは決してなく、麺ともやしなどの具との相性抜群です。もしや、ここのローミーが特別なのかしら?
すっかりペナンローミーに心うばわれた馬子、次回もこの市場で出会った名物をご紹介します。乞うご期待!

ペナンのローミー RM5
Jalan Pasar, Pekan Ayer Itam, 11500 Pulau
Penang

馬子

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る