マダムあやの玉手箱 第三回「くびれ」が欲しいなら、〇〇から始めてはいけない!

マダムあや 女性の魅力開花コーチ
2018年夏、人生の後半戦をマレーシアにてスタート。男の子一人の子育て中ママ。詳細はこちら

あなたのタイプと対策が分かる無料PDFをインスタのDMでプレゼントしています。

マダムあやの玉手箱

「くびれ」が欲しいなら、〇〇から始めてはいけない!

魅惑のくびれをつくるには正しい順番がある。おとな女性からよくお聞きするお悩みは、「実は万年、ポッコリお腹で…」「コロナ太りしたウエストを2cm締めたい」「年々、ずん胴になってる気がする…」等。マレーシアでは特に年中薄着ですし、水着になる機会も何かと多くて、気になるところです。

そこでふつうは、「お腹の浮き輪肉が邪魔なワケよ」と考え、
◆糖質をカットする
◆揚げ物や油っぽい食事を控える
◆添加物・ジャンクフードを減らす
◆ビールを控える
◆良質な油を摂る
◆食物繊維サプリを摂る「ビール大好きでもお腹はスッキ
◆腹筋トレーニングをする
等々が思いつくでしょうか?

確かに!それもよいかも。でもプロ野球選手を見てください!献立にも気を遣い毎日トレーニングをしているにも関わらず、お腹が出ている選手多くないですか?

お腹をへこませて、くびれをつくるためのカギは「ろっ骨」と「内臓」の位置にあります。骨格が理想的な位置にキープできていなければ、また内臓が疲労・下垂しないように休ませていなければ、腹筋トレをがんばっても、ビールをやめても、すぐに元のもくあみ。必要なケアはなにも整体院やマッサージに通う必要はなく、おウチに居ながら実践が可能です。

①胴体が縦に伸びる体操を続ける。
②ダラダラ食べをやめ空腹時間をキチンと取ること。食事制限は不要。

これだけで、「たった2週間でウエストが2cm締まりました!」「ビール大好きでもお腹はスッキリ!」「健康診断で胃下垂が治っていると判明した」といった報告を、わたしが主宰するヨガ教室の生徒さんからいただきました。

わたしが18年前にこの「くびれ作りの秘密」を知った時は、目からウロコ!というか、最初は疑っていましたね(笑)。でも、ホントでしたよー。もし筋トレに励むのなら①と②を3ヵ月続けた後に。

たかがくびれ、かも?!けれどもれなく姿勢も体調もよくなり印象も必ず変わります!女性は自己肯定感がアップして気分も上々に。お気に入りの服を着こなすのも楽しみになりますものね!

ぜひ、お試しを。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る