マダムあやの玉手箱 第五回 お腹がグ〜と鳴ったら、グッド!

マダムあや 女性の魅力開花コーチ
2018年夏、人生の後半戦をマレーシアにてスタート。男の子一人の子育て中ママ。詳細はこちら

あなたのタイプと対策が分かる無料PDFをインスタのDMでプレゼントしています。

マダムあやの玉手箱

お腹がグ〜と鳴ったら、グッド!

人前でお腹が鳴って、なんだか気恥ずかしい思いをしたことはありませんか?これって「空腹のサイン」と私たちは思っていますが、実は違うんです!

胃腸の辺りがキュルキュル・グ~となった時には、ちょうど消化活動の最終段階に入っていて、消化器官が食べたものをキレイに流している「最後の仕上げ(掃除)中」なんですって。もしこの段階で(あるいはそれを待たずして)次の食事やオヤツを口にすると、消化器官にはまだ前の食事の残りカスがある状態。若干仕事が残っているところに次の大仕事が流れ込んでくるわけですから、当然、消化器官は「マジか、ヤバイ~」と休む暇もなく働き続けることになってしまい、疲労困ぱい。そして胃や腸の壁には汚れが溜まっていってしまうという始末。それを慢性的に年中繰り返していたら体内は一体どうなるのでしょうか?

「現代人は常に手の届くところに食べ物があって、無意識のうちに食べ過ぎているでしょ。消化器官にはいつも食べ物のカスだらけ。人間の体温は38°Cくらいあるから、これは例えるなら生ゴミが炎天下のなかに常に放ったらかしてある状態だね。そりゃあウンチも悪臭がするはずでしょ」と、ヨガの師匠から教わった時に、生徒全員がゾーっと凍りついたのを覚えています(苦笑)。

そこで次からあなたのお腹がグ~と鳴ったら、消化器官の声を思い出してみませんか。「あとちょっとでキレイに掃除も終わりますから、もう少々お待ちいただけますか?あっ、ついでに10分くらいリフレッシュ休憩いただけたら助かります!」(消化器官の声)「空腹は最高の調味料」です。きっと食事がより美味しく感じられることでしょう。

さらにもう一つ、「空腹は便秘解消につながる」。私は便秘で困った時にはわざと一食抜いて空腹状態をつくるようにします。消化器官の仕事は大きく分けて「消化・吸収・排泄」の3つがあり、生命活動エネルギーを3分割してこれらの作業を行います。だから多くの場合、いっぱい食べて⇒消化活動にたくさんのエネルギーが消費される⇒排泄のためのエネルギーがちょっとしか残っていない⇒便秘になる。

排便をスムーズにするには消化の分のエネルギーを排泄に回すのが近道!近年流行りのファスティング(断食)で大量の排便を体験する方が多いのもこのメカニズムです。ぜひお試しを!

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る