2013年12月-マレーシア最新芸術事情

2013年の賞レース、スタート!

 今年も1年、本当にあっという間に過ぎ、残すところあと1ヵ月となってしまいました。

 とはいっても季節に変化のないマレーシアでは、あまり師走がやってきたという感じがしません。今年の年末年始に帰国が叶わない私は、何とか年末気分を盛り上げられないかと、あれやこれや考えてみたところ…ありました! 2013年の賞レースの幕が、マレーシアのエンターテイメント界でも切って落とされたのです。

 その先陣を切るのは、TV3が主催する、Anugerah Skrin2013。これはこの賞に合わせて放映される単発の長時間ドラマの内容・キャスト・スタッフに対して賞が与えられると同時に、既存の番組や劇映画も含まれるので、私自身毎年いまいち仕組みが理解できずにいるのですが、まぁ女優さんの豪華なドレス姿を見るだけでも、十分に楽しめます。

 Senyum読者の皆さんには、音楽もののほうがより楽しんで分かりやすく楽しんでいただけるかもしれません。Anugerah Industri Muzik(AIM)は、1993年から20年間続く、いわばマレーシアでのグラミー賞のようなもの。授賞式の最中には、当然その年に話題となった歌手によるパフォーマンスもあるので、日頃マレーシア音楽には馴染みのない方や、マレーシアではどんな音楽が流行っているのかさっぱりわからないという方でも、一晩にしてトレンドがつかめてしまうという、非常においしいイベントです。性別はもとより、言語、ジャンルなどカテゴリーのその多さ、バラエティの豊かさにも、驚かれることと思います。

 もしそこで気になる歌手が見つかったら、来年はその人のアルバムを買ってみるのもいいかもしれませんよね。

 AIM授賞式は12月14日、ブキッ・ジャリルのスタジアム・プトラにて行われ、その模様はASTRO RIAにて午後9時から生中継されます。レッドカーペットの模様も、午後8時30分から放映されるとのことです。

アティカ

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る