2017年4月-史上最強のパフォーマンス?

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

史上最強のパフォーマンス?

昨年行われたブルセ4.0。あの黄色いTシャツを着た多数の国民による反政府デモは、まだ皆さんの記憶に新しいかと思いますが、その対抗組織として赤いTシャツを着て抗議していた人々がいたことを覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
その赤シャツラリーの代表者は与党UMNOスンガイ・ブサー地区代表のジャマル・ユノス氏。かなり過激な発言と行動で一躍有名になりましたが、昨年末あたりの彼の突飛な行動はまた違った意味で話題を呼んでいました。12月に野党下のスランゴール州で起こっていた水不足(同氏の家もアンパンに所在)の際には、白いバスタオルを腰に巻きサンダル履きで、これから銭湯にでも行くかのように、タオルや石鹸を入れた白い桶を片手に、スランゴール州政府事務所の前で「俺の家は水が出なくて何日も風呂に入れていない。スランゴール州首席大臣の事務所でシャワーを浴びさせろ」と抗議のパフォーマンス。これには、それまで彼をよく思っていなかった人々も、してやられた感を覚えたのではないかと思います。そして、それまでは敵対心を抱いていた当地のアーティストたちも、「ちょっと待て、これは実はすごいパフォーマンスアートなんじゃないのか?」と口々に語りだしました。
パフォーマンスアートとは、芸術家自身の身体が作品を構成して、作品のテーマとなる表現方法の一つで、美術や視覚芸術の一分野とされているもの。通常私たちが考える、舞台芸術の枠の“パフォーマンス”とは種が異なるものです。確かにジャマル氏、ある意味とてもクリエイティブな人なのかもしれません。
さて、パフォーマンスアートとは呼べないと思いますが、MH370が墜落した後に突如KLIAに現れ、ココナッツやかごを両手に掲げて早く機体が見つかるようにと不思議な祈祷をしはじめたラジャ・ボモという人とその仲間もいます。ちなみにラジャは「王様」、ボモは「呪術師」の意。今回の北朝鮮関連の一件でも、これまた突如海岸に現れ、マレーシアが他国(特に北朝鮮から)の攻撃を受けないようにと、祈祷をはじめました。ココナッツを掲げて竹筒をのぞいて、それで世界平和が叶うなら世界中みんなそうするよ! と突っ込みを入れながらも、なかなかにおもしろい彼らのパフォーマンス。ぜひYouTubeで「Raja Bomoh」と検索してみてください。

※「Tan Hon Ming in Love」「Cokodok Monster」の動画はタイトルを検索すると見付かります。

 

アティカ

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る